小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

トミーテック 航空装備品シリーズ
日曜で、作業の時間が取れましたから、
ジオラマの続きを始めようかと思ったところで、
これが届いてしまいました。
0131s-IMG_4849.jpg
トミーテックの航空装備品3 空自牽引車セットと、
0131s-IMG_4848.jpg
航空装備品4 ウェポンドリーセット。
1/144で現用機の彩色済み組立キットを
展開しているトミーテックの新作です。
0131s-IMG_4850.jpg
ちょっとだけ、のつもりでしたが
結局全部組み立ててしまいました。
値段的にはかなり高めなのですが、
彩色済みで、組み立てるだけで良いので、
とても楽です。
0131s-IMG_4852.jpg
細かな表記まで印刷済みで、とても良い感じです。
基地エリアのアクセサリーとして、そのまま使えます。
ジオラマを効果的に引き立てますので、
こういった小物は貴重です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

立飛の給水塔と赤トンボ
あっちいったり、こっちに来りで
なんなんですが、
立飛の給水塔を仕上げます。
というか、ミニジオラマにします。

で、急遽アクセサリーを調達。
0827s-IMG_3545.jpg
食玩のウィングキットコレクション14
WWⅡ複葉機編「95式練習機Ⅰ型乙」
0827s-IMG_3547.jpg
食玩とは名ばかりで、下手なキットより細かい部品。
おまけに複葉機だけあって、全体的に繊細。
0827s-IMG_3549.jpg
なんとか組み上がりました。
造形的にも、とてもよく出来ています。
0827s-IMG_3551.jpg
ところで、なぜ急に大戦中の練習機?
この通称「赤トンボ」、正式名称は立川95式練習機Ⅰ型乙。
立飛、すなわち立川飛行機の代表的な生産機なんです。
0827s-IMG_3539.jpg
それゆえ、こえいうコラボと相成りました。
0827s-IMG_3542.jpg
95式練習機は昭和10年から19年まで生産され、
かたや給水塔は昭和13年の建築。
こんな場面もきっとあったに違いありません。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

立飛の給水塔
お盆も、終戦の日も過ぎて、
夏もいよいよ終盤へ。
それにしても、今年は暑いですねぇ。

さて、諸般の事情で、一旦立川駅から離れて、
急遽、とある建物の製作を始めました。
0816s-069.jpg
「立飛」、かっての立川飛行機の給水塔です。
立川飛行機は、第2次世界大戦中、
「赤トンボ」の通称で知られる九五式一型練習機や、
数年前にほぼ原形のまま十和田湖から引き揚げられた
一式双発高等練習機などを開発・生産した
航空機メーカーです。
0816s-071.jpg
戦後はプリンス自動車として自動車の製造や、
細々と航空機開発や、整備を行ってきましたが、
現在では広大な敷地を利用しての不動産業が主力です。
当時の建物が、多摩モノレール立飛駅の近くに
現在も残っています。
これを製作します。
0816s-IMG_3456.jpg
上方向にテーパーの掛かった円柱という、
造形的には大変難しいデザインに四苦八苦。
0816s-IMG_3457.jpg
何回かの試行錯誤の後に、
なんとかそれらしいものが。
0816s-IMG_3454.jpg
久し振りにサークルカッターが大活躍。
0816s-IMG_3458.jpg
ピサの斜塔、いやバベルの塔かな…
0816s-IMG_3459.jpg
スチレンペーパーの帯材を貼り込んで、
支柱の表現に。
0816s-IMG_3461.jpg
庇と踊り場も取り付けたら、
0816s-IMG_3463.jpg
アクリル絵の具溶き木工パテで隙間を埋めて、
乾いたら紙やすりでガシガシ。
0816s-IMG_3464.jpg
窓枠とドアを入れてほぼ形に。
0816s-IMG_3470.jpg
艦船模型のエッチングパーツやら、なんやらで、
屋上に上がる梯子と踊り場の手すりを整備。
0816s-IMG_3472.jpg
なんとか、それらしくはなりました。
0816s-IMG_3468.jpg
あとはウェザリングですね。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

立川基地配備機、増備
お彼岸のお中日です。
朝からぼた餅作りをして、
お墓参りに行って参りました。

あまり自由になる時間もなかったのですが、
しばらく前から買い貯めてあった
立川基地に配備する航空機を組み立てました。
s-RIMG0366.jpg
トミーテックのUH-1H。
キャンプ座間配置の、
米陸軍第78航空大隊所属機。
s-RIMG0373.jpg
塗装済みキットなので、サクサク組めます。
合いが悪い部分があって、隙間がありますが、
リカバリーが難しいので、見ない振り。
時代的には1970年代以降なので、
厳密には立川基地には厳しいかも…。

s-RIMG0368.jpg
こちらは食玩。エフトイズの大型機コレクション。
食玩とはいえ、レアもんの機体を
安価で供給していただけるんですから、
とってもありがたい。
さらに生半可なプラモデルより
出来が良いものが多いときます。
s-RIMG0369.jpg
で、A-26インベーダー。
朝鮮戦争頃には、
立川にもよく飛来していたらしいです。
巨体のグローブマスターの間を、
チョロチョロしているのもよいアクセントかと。

そうそう、最近トミーテックから、
凄いものが発売になりました。
s-RIMG0374.jpg
P-3Cプロペラ回転・発光ユニット。
何が凄いって、プロペラが回って、
航法灯が点灯するだけでも十分凄いんですが、
エンジン始動アクションが再現できるという
恐ろしいギミックが…。
つまり、一番エンジンから、
4番エンジンまで、順番に始動するんです。

P-3C用なんですが、ちょっと加工すれば、
同じ4発機のグローブマスターにも
積み込めるんじゃないか、と。
…飛行中、整備中、駐機中の各機体の他に、
タキシング中の機体も再現できる…。
Runway01 Endセクションに続く、
Runway01セクションが必要になりますなぁ。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ベルリン大空輸
お久しぶりでございます。
一か月以上ブログを放置しておくと、
無理矢理広告が出るようになるんですね~。

私事ですが、4月1日をもって職場が変わった、
というか、派遣(出向)が終わりました。
はぁ…。3年間は長かった。
上司の「2年間だけだから」という口約束が、
結局1年延長されただけでなく、
危うく片道切符になるところでした。

おまけに、戻ったとは言っても
厳密には元の職種ではなくて、
今度は薬剤師の職域のサブリーダ。
とはいえ、あたいは薬剤師じゃあないんだよ~。
ロキソニンテープだの、リンコデだのいわれてもなぁ。
あんまり五月蠅いこと言うと、
カンメルパスタお尻に塗っちゃうゾ!!
まぁ文句も言ってますが、日々新しいことだらけで、
充実していることは確かです。

そんなこんなで4月からこの方帰宅するとバタンキュー、
土日もヘバヘバで、とてもではないですが
細かな作業ができるような状態ではありませんでした。
最近になって、やっと少し余裕が出てきたかな~と。
もうすぐゴールデン・ウィークですし、
少しずつでも、手を動かして生きたいと思います。
s-RIMG0185.jpg
まずは、やる気のカンフル剤として物資の補給。
ベルリン大空輸よろしく、戦力一気投入します。
このセクションの初心に帰って、輸送機の増備。
s-RIMG0190_20130418230236.jpg
ミニクラフトのC-118A。
傑作旅客機として有名なDC-6の米空軍機版。
s-RIMG0191_20130418230513.jpg
窓も扉もデカールで表現するので、
機体はのっぺりしてます。
s-RIMG0192_20130418230736.jpg
デカールは患者輸送機バージョン。
立川にも同じ機種が常駐していたようですから、
少し加工するだけでいけそうです。

s-RIMG0193_20130418231003.jpg
こちらは国産メーカー、プラッツのC-46D。
というより、「天馬」といったほうがしっくりくるかも。
以前もこのメーカー、
レジンキットでこの機種を発売していましたが、
今回、満を持してプラキット化。
s-RIMG0194_20130418231242.jpg
最近出たばかりですから、ものすごく出来が良い。
部品一つ一つがシャープです。
s-RIMG0195_20130418231628.jpg
そして驚愕の、空自機全網羅のシリアルナンバー。
39機揃えろってか?!

そして今回の大本命。
s-RIMG0187_20130418232019.jpg
東欧の新進メーカー、ローデンからはC-124C。
以前からC-124A(改造前バージョン)は出てたんですが、
やっと鼻付(レドーム付)が作れます。
s-RIMG0188.jpg
キットの出来はといえば…はっきり言って半世紀前の水準。
タミヤだの、ハセガワだのを見慣れた目からすると、
郷愁すら覚えます。
s-RIMG0189_20130418232808.jpg
いいんだよ…うん。
グローブマスターをキット化してくれただけでも。
おいちゃんは、それだけで満足だ…。
でも、形にするのは苦労しそうな悪寒。

すぐにでも組み始めたいところですが、
明日の夜は歓送迎会があるしなぁ。
まぁ、ボチボチ進めていくこととします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村