小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

T-TRAKコンテストにて
前回コンテストのご報告記事を掲載したところ、
皆様からコメントをいただきました。
イベント恐るべし・・・ですね。

今回はそのT-TRAKコンテストで、
小菱重工として気になったいくつかのモジュールを
ご紹介したいと思います。
s-IMG_8612.jpg
高低差を活かした空間処理と、
観察眼の鋭さに唸らされた一品。
狭い谷戸を見事に再現されています。
s-IMG_8621.jpg
こちらも限られた空間の中で、
逆に奥行と広がりを感じさせてくれます。
日本の原風景ですね。
緑一色の中に、原色の鯉のぼり、
色彩鮮やかで、絵画的でもあります。
作者であるたいやきやいた様には
会場で声をお掛けいただきました。
新たに当ブログからも、リンクさせていただいております。
s-IMG_8613.jpg
まさに、深深とした静寂を感じさせる作品。
雪って、魅力的な題材ですが、
なかなか使いこなせません。
シーンも日常的な非日常といったイメージで、
再現度の高さには脱帽です。
s-IMG_8611.jpg
あえて両側を高い城壁で隔てることで、
独立した世界観を醸し出しています。
なにより石垣、城壁、石畳の表現が秀逸。
あえてシンメトリーにしなかったところも、
計算されていらっしゃるのでしょうか。
s-IMG_8608.jpg
電飾の素晴らしさに息をのんだ作品。
光るって、やっぱり良いですね。
自然と目が引き寄せられます。
電気関係がからきしな小菱重工としては、
ひたすら憧れます。
s-IMG_8606.jpg
落ち着いた佇まいと、カチッとした仕上がり。
まさにレイアウトの王道です。
機械油と石炭の燻る匂いが鼻の奥に漂います。
こちらの作者は-薫風-さま。
会場でお話させていただきました。
今回リンクも張らせていただいております。
s-IMG_8607.jpg
配置の妙を感じさせていただいた作品。
狭い空間なのに、背後に広大な工業地帯が見えてくる、
不思議な感覚です。
s-IMG_8609.jpg
お隣させていただいたモジュール。
都市の脈動的な動きを感じさせてくれます。
道路を斜めにとるという発想も新鮮。
フィギュアの配置もドラマ性があって、
見るものを飽きさせません。
s-IMG_8610.jpg
こちらもお隣させていただきました。
岩肌、緑、水面とジオラマに必要、
かつ難しい要素をすべて取り込みながら、
破綻なく情景化されています。
高い技術があってこそなせる業でしょうか。

・・・偉そうな御託を並べてしまい、恐縮です。
だったら自分のモジュールはどうなんだといわれると、
それこそガード下に逃げ込むしかありません。
感じたことを、感じたままに・・・大変失礼いたしました。

ほかにもご紹介したいモジュールが一杯あったのですが、
根性なしの小菱重工、大人しく見ていることもできず、
さらには暑さでオーバーヒートしてしまい、
ろくろく記録できませんでした。

初めてのイベント参加、
とても刺激となり、モチベーションも上がりました。
そしてなにより、勉強させていただきました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

レイアウト道と云ふは走らせる事と見つけたり
鉄道模型コンテスト、暑い中ですが行ってまいりました。
s-IMG_8617.jpg
見事なまでの夏空ですな。
入道雲までむくむく。
s-IMG_8601.jpg
行きは荷物もないので、
小田急線→埼京線直通りんかい線で目的地へ。
普段仕事帰りで乗ることの多いMSEに
昼間乗るのも新鮮な気分。
s-IMG_8597.jpg
浮かれついでに、ロマンスカーの中で食べたお弁当は、
ちょっと(かなり)奮発。
ちなみに今年は土用の丑の日が2回あるそうです。
s-IMG_8603.jpg
はい、ビッグサイトとうちゃ~く。
ただでさえ、暑い・・・。
s-IMG_8619.jpg
凄い人です。圧倒されます。
鉄道模型系のイベントに初めて参加した身としては、
その熱気にあてられました。

観てきた中で「これは!!」と思ったレイアウトについては、
また次回ご紹介します。
s-IMG_8604.jpg
わがレイアウト上を
元気に列車が走っているのを見て一安心。
一昨日の設置時には試走がなかったので、
ちゃんと走らせられるか、少し不安だったのです。
s-IMG_8605.jpg
こうして列車が走っているのを見ていると、
やはりレイアウトは走らせてナンボということに
改めて気付かされました。
ジオラマは例えて言えば静物画ですが、
レイアウトは映画、みたいな?

あと会場では何人もの方に声をかけていただきました。
「ブログ見てます。」
「これ、どうやって作ったんですか?」
一人で活動している身として、とても嬉しかってです。
こういう交流も、イベントならではですね。

さらにガード下を覗き込んで、
デジカメで撮影をしている方が結構多いのにはびっくり。
う~ん。作者冥利に尽きます。
s-IMG_8631.jpg
熱気にあてられたオジサンは、
そうそうに涼しい喫茶室に退避~。

あっという間の5時の閉会と同時に、
T-TRAK参加者全員で記念撮影してから、撤収開始。
s-IMG_8635.jpg
撤収作業は時間に追われていましたから、
慌ただしくてデジカメもとる暇なし。
そんな中でもお隣さんや、ブログをご覧になっている方から
ご挨拶、お声がけいただきました。
片付け完了とともに早々にお暇戴き、
一昨日に来た時と反対のコース、
羽田空港経由で帰ってまいりました。
s-IMG_8641.jpg
本日の戦果品。アルナインの古典電車。
作り掛けのペーパーモデルとともに
明治村ジオラマを作ろうと思ったのですが、
さぁ、どうなりますか。

初めてのイベント参加、暑くて疲れましたが
とても刺激になりました。
まさに「おじさんの夏休み」でしたね。

そして、お世話になった皆様、
話し掛けていただいた皆様、
本当にありがとうございました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

ジオラマ展示のお知らせ
立川ジオラマ、イベント会場に設置してきました。
s-IMG_5743.jpg
この角度では状況がわかり辛いですね。
s-IMG_5742.jpg
はい。これならバッチリ。
なんと立川飛行機の実機公開とのコラボなんです。
s-IMG_5730.jpg
電車と飛行機の共演。
両方のマニアとしては、たまりません♪

5月29日(日)、立川 立飛みどり地区
日本青年会議所東京ブロック協議会主催
TOKYOまちフェスタ」のたまらんぱーく
立飛ホールディングス協賛ブース、
(立飛ホールディングス12号棟)
「戦後国産飛行機第2号機(R-53)、第3号機(R-HM)展示」
コーナーに置かせていただいています。

s-IMG_5727.jpg
こちらが立川飛行機R-53、
s-IMG_5726.jpg
そしてこちらが立川飛行機R-HM。
s-IMG_5733.jpg
今回、立川飛行機とのコラボということで、
立川飛行機の悲劇の名機、A-26も飛ばします。
戦争中だったため、世界記録としては未公認ながら、
長距離周回飛行記録をうちたてました。
s-IMG_5735.jpg
「立川への帰還」・・・実機は2機とも失われましたが、
せめて模型では戦後立川の上空を飛ばせました。
s-IMG_5732.jpg
当時最大級の飛行機グローブマスターと、ミニ飛行機。
s-IMG_5737.jpg
家の中では一つだけでも邪魔だったジオラマですが、
広い会場に置くと、小さく見えるから不思議です。
s-IMG_5740.jpg
新しく完成した立川駅セクションの
お披露目も兼ねておりますので、
お近くにお住まいで、お時間がございましたら、
ぜひお越しくださいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

いなげやイベントでいなげや展示
立川ジオラマ、
無事いなげやさんのイベントでの展示が
終了しました。
0319s-002.jpg
昭和記念公園での展示の時より、カッコいい。
イベント会社が間に入ると本格的です。
0319s-006.jpg
わざわざ特注でアクリルガード板も
作って戴きました。
0319s-007.jpg
アドバルーンが、良い目印になったようです。
0319s-009.jpg
たった1日、
それも招待客だけのイベントの展示では、
勿体ないくらいでした。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

イベント展示終了
12月7日、昭和記念公園での「昭和の時代展」、
そして「第一デパート懐古展」が終了いたしました。
1208s-017.jpg
1か月という長丁場のレイアウト展示も終わり、
メンテナンスに毎週通う必要もなくなります。
1208s-016.jpg
もはや見慣れたこの建物にも、当分来ることもないかな。
1208s-018.jpg
閉館後に、撤収。
1208s-020.jpg
う~ん。また飛行機が引っ張り出されているなぁ。
プロペラももがれてるし…。
1208s-021.jpg
駅前はもっとひどい。
危険ドラックやって、暴走させたんかいな…。
1208s-022.jpg
色々な意味で勉強になりました。
一般公開時には、展示方法をどうするか。
特にお子さんが見に来る場所での対策が
今後の検討課題です。

「撤収」と書きましたが、実はレイアウト、
まだ我が家には帰ってきておりません。
撮影のために、暫くタウン誌の編集部に
お貸しすることとなりました。
1208s-032.jpg
どうせなら、より完成に近付けようと、
キャバレーを持参して設置。
1208s-023.jpg
いきなり場違い感がありますが、
実際の位置関係からしても、ここで良いようです。
当時を知っている方に教えて戴きました。
1208s-025.jpg
当時は米兵の遊ぶところが明確に分かれていて、
富士見町は黒人が多かった、そうです。
1208s-029.jpg
電柱や街灯、標識などがまだ設置されていないので、
いまひとつリアルさに欠けます。
1208s-027.jpg
逆にいえば、そういった小物が演出する効果が、
いかに大きいかということですね。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用