小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

電信電話室の裏
連休に入って3日目も終わります。
s-DSC_0053.jpg
こんなものを買いました。
連休前半は、これを使って木を2本切り倒し、
丸太にしてました。
決してホラー映画ごっこをして
遊んでいたわけではありません。

慣れない作業で、肩と腕が痛い・・・。

さて後半は、少しは作業する時間がとれそうです。
s-IMG_7987.jpg
先日作った架線柱と倉庫を、ここに設置します。
s-IMG_7989.jpg
まずはコンクリ塀と架線柱を立てます。
s-IMG_7992.jpg
続いて、倉庫。
s-IMG_7993.jpg
架線柱にはフォーリッジを巻き付けて、
蔓草に絡まれているイメージ。
s-IMG_7995.jpg
駅裏にゴチャゴチャ感が出てきました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

スレート葺倉庫
中華料理店、設置しました。
s-IMG_7969.jpg
馴染んでますね。
s-IMG_7970.jpg
商店街らしく、なってきました。
s-IMG_7974.jpg
でも、裏側の方が密度が濃いです。
s-IMG_7965.jpg
その裏側、さらに作りこみます。
電信電話室から空地を挟んで、倉庫らしき建物。
s-IMG_7966.jpg
GMのコルゲート板を貼り重ねて、こちらは壁と、
s-IMG_7967.jpg
屋根を作ります。
s-IMG_7968.jpg
もう何度かやっているとは思いますが、
「銀ギラ銀にさり気なく~そいつが俺のやり方~♪」
s-IMG_7975.jpg
と言っているうちに、錆止め塗装されーの、
s-IMG_7977.jpg
アスベスト噴き付けーの難燃化工事。
スレート葺倉庫が完成。
s-IMG_7983.jpg
小物とともにウェザリングされ、設置準備完了です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

高圧架線柱の自作
ゴールデン・ウィークに入りました。
とはいえ最初は土日パターンですから、
あまり実感はないですよね。
祝日が土曜日にあたってしまったというのが、
とても残念。

さて、気を取り直して。
s-IMG_7963.jpg
立川駅電信電話室の脇に立っていた高圧架線柱、
特殊な形をしていたので自作します。
以前も引込柱を作りましたが、また違う形です。
s-IMG_7952.jpg
GMの架線柱をベースにして、
支柱は竹ひごを使います。
s-IMG_7954.jpg
プラストラクトのアングル材や角材を使って
横桁や架線受けを作り、
s-IMG_7956.jpg
高圧碍子はTOMIXの架線柱から調達。
s-IMG_7961.jpg
GMやKATOが製品化してくれていますが、
やはり自作したものの方が格好良い・・・
と、思うのは自己満足ですかね。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

駅前造成二期工事
仕事の方は、少し落ち着いてきました。
久しぶりのエライコッチャ状態にも、
やや終息の兆しが見えてきた、とでも申しましょうか。
ゴールデンウィークが、心安く迎えられることを祈っています。

さて、レイアウト。
s-IMG_7936.jpg
街を広げられるように、ベニヤ荒原を整地します。
s-IMG_7938.jpg
南口側標準施工の1ミリ厚のスチレンボードで地上げします。
s-IMG_7939.jpg
ウッドパテ混ぜライトグレー塗料で地面を塗って、
溝を掘り、ドブ板を填め込みます。
s-IMG_7941.jpg
ライターオイルで溶いたエナメル塗料で
ウォッシングというよりウェザリングをかけたら、
s-IMG_7944.jpg
ウェザリングパウダーで、
既存部分と色調を合わせて馴染ませます。
これで地面のほうは準備完了。
s-IMG_7947.jpg
こちらもウォッシングとウェザリングで経年劣化。
s-IMG_7949.jpg
こちらも設置準備ができたところで、タイムアップです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

Ugh! Chinese restaurant kitchen Chinese!
忙しい理由を考察してみます。
①実際に職域全体の仕事量が増加している。
②仕事量は変わらないが、役職上の負担が上増しされている。
③仕事量は変わらないが、自身の仕事処理能力が低下している。
④世の中が悪い方向に行っている。
⑤上級官庁、上司、または悪の秘密結社の陰謀。
⑥たまたま。
⑦以上列挙した複数の要因の複合。

私としては、③、⑤を主因とした
⑥または⑦だと思うんですが・・・いずれにしろ不毛だ・・・。

タイトルもイントロも支離滅裂なまま、
今週の作業報告をお送りします。
s-IMG_7926.jpg
無事、店舗部分と厨房部分が合体しました。
以下、作業手順です。
s-IMG_7902.jpg
別棟、厨房部分に手を入れていきます。
まずは手すりとか、木工作業。
s-IMG_7903.jpg
0.8mm丸棒と、1.0mmハーフラウンドで、雨樋取り付け。
s-IMG_7908.jpg
給排水の配管も忘れずに。
s-IMG_7910.jpg
さらに煙突2種類をでっち上げて、
s-IMG_7916.jpg
取り付ければ、ゴチャゴチャ感いっぱい!!
s-IMG_7918.jpg
店舗正面もちょっと寂しい感じがするので、
s-IMG_7922.jpg
真鍮線でドアの手すりを付けて、
s-IMG_7920.jpg
サンプルケースも作って、
s-IMG_7925.jpg
これでどうだ!!
で、いよいよ、
s-IMG_7928.jpg
「合体!!」
s-IMG_7933.jpg
今回の醍醐味は、むしろ裏側にありますな。
ということで、来週は設置と相成りますかどうか。
乞うご期待。

錯乱と酩酊による乱文、失礼いたしました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用