小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

卓上自衛隊輸送隊増強
今回も発売から日にちがたって
旬を逃した商品レポートです。
0405s-005.jpg
まずは、「自衛隊名鑑 73式大型トラック」。
0405s-006.jpg
この73式大型トラック、
2006年タカラ 日本沈没シリーズを皮きりに、
2007年タカラ ミッドナイトイーグルシリーズ、
2012年トミーテック 技MIX 航空機シリーズ と
何度か使いまわされたおかげで、
我が駐屯地にも相当台数が、すでに配備されております。 
それなのに、なぜまた増備?
0405s-014.jpg
それは、バリエーションの多様さと、
0405s-007.jpg
模型のアオシマが
商品化したことに対する期待からであります。
0405s-009.jpg
で、早速先行のタカラシリーズとの比較。
左がタカラ、右がアオシマ。あれ~!!
0405s-008.jpg
あれあれ~!!
これって、3トン半と5トンの違いくらいあるなぁ…
車列にすると違いが歴然すぎるので、
同じシーンでの共存は難しそうです。
0405s-010.jpg
今回のアオシマ3トン半、全体のスタイルは勿論、
0405s-013.jpg
細部までこだわりの再現で、
標記類も御覧の通りの細かさ。
0405s-020.jpg
今回のバリエーションにはレッカ車もあったので、
ついでにレッカ車揃い踏み。
0405s-021.jpg
左からマルカ建機シリーズ、トミテクトラコレ、
そして今回のアオシマ。
ちなみにマルカのタイヤはゴム製なので、
劣化して溶けかかってます…。
0412s-001.jpg
もうひとつのレポートはトレーラーコレクション第7弾。
民間トレーラに交じって、自衛隊トレーラが
ラインアップされてます。
0412s-003.jpg
当然ピンポイント狙いで、
陸上自衛隊ボンネット型重トレータタイプ。
0412s-005.jpg
やっぱ、やりたいことはコレですな。
0412s-004.jpg
ただ、このトラクタ、
よく見ると空自マークなんだよな~。
「タイプ」だし、ま、いっか…。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

「まつかぜ」と「はつかぜ」
今日は飛行機模型ネタ。
エフトイズから、いわゆる食玩として
「日本の翼コレクション4」が発売されました。
904s-001.jpg
今回は、よくもまぁ…と唸るほどのマニアックネタ。
自衛隊創生期の練習機と、連絡偵察機。
私にとっては、もろにツボにはまる機種ばかりです。
904s-025.jpg
まずはT6テキサン。
自衛隊の愛称は「まつかぜ」。
904s-002.jpg
これで今後Nゲージサイズにおいては
「ゼロ戦を黄色く塗」って、
「素人を騙」さなくてすみます。
とはいうものの、大戦中の日本軍機といわれても
あまり違和感がない…。
それにしても、これでミニクラフトのレジンキットは
お蔵入りになるんだろうなぁ…。
904s-012.jpg
お次はT-34Aメンター。
こちらの愛称は「はつかぜ」。
904s-014.jpg
比較的新しい飛行機だとばかり思っていましたが、
自衛隊への導入は1954年でテキサンと変わらない。
キャノピーを改造すれば、LM-1がでっちあげれるかな?
904s-016.jpg
陸自バージョンは、なぜか
なんちゃって帝国海軍機に見えるから不思議。
904s-019.jpg
三菱MU-2S。
陸自ではLR-1。
904s-021.jpg
これは、やっぱり塗り替えて、
新聞社機にでもしたいなぁ。

ろくにガレージキットですらも模型化されていないような、
どう考えても売れ線とは思えない機種を、
敢えてラインナップしていただけたことに敬意を表して、
今後大量増備を計画したいと思っています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

陸上自衛隊HU-1H「ひよどり」
今回はお買い物ネタ。
09150001.jpg
トミーテック、鉄道模型だけじゃなくて、
とうとうミリタリーモデルにまで手を伸ばしたんですねぇ。
まぁ、かくいう私も、見事に釣られた一人ですが。

能書きはコレくらいにして、早速組み立てます。
イメージ的には、プラモデルと言うより、
自分で食玩を組み立てる感じ。
そう、ウィングキットコレクションに近いですかね。
彩色済みとあって、サクサク完成。
09150004.jpg
いやぁ~、実によく出来てます。
不必要なまでに細かいディテール。
09150002.jpg
同じスケールのヘリコプターと言えば、
ヘリボーンコレクション。
以前塗り替えたUH-1Bと並べてみます。
09150007.jpg
パネルラインやリベット表現などは
ヘリボーンの方が強めです。
そういえば実機として一番新しいUH-1Jは、
映画「ミッドナイトイーグル」協賛食玩として、
発売されたことがありましたっけ。
あれはタカラトミーとしての販売でしたから、
基本設計はそのときのものを使ったのかもしれませんね。

出来は良いし、デカールも豊富。
組み立てやすいし、塗装もきれいで細かい。
惜しむらくは、もう少し安いと良いんですけど、ね。

明日への活力。ポチッとな。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の伍 (過去記事転載)
台風が来てますねぇ。
怪獣映画で嵐、放射線ときたら、次は…
あまり縁起でもないので止めて置きましょう。
で、集落の高台に鎮守様を設置します。
131100014214213123747_07180001.jpg
この建物は、以前山手線レイアウトを作ったときに
使っていたお社です。レイアウト自体はもうありません。
131100024277313222719_07180009.jpg
ゴールド東照宮の屋根を使って、本体は自作。
今の水準から見ればアラだらけですが、
折角なので再利用。
131100035667813328531_07180020.jpg
その他のアクセサリーは、
江ノ電レイアウトの御霊神社に使ったものの余り。

さて、もうひとつの怪獣映画に欠かせないアレとは、
131100047800813222722_07180034.jpg
高圧鉄塔です。
131100052233713123551_07180003.jpg
形はいいのですが、組み立てにくいのが難点です。
それでもなんとか、ごまかしごまかし形にして、
131100063928013428991_07180004.jpg
もう一本は鎮守様の横に建てて、
高圧送電線がダイオラマを横切るように。
131100077408213223443_07180011.jpg
まだ完成ではないんですが、
ここまでくると遊びたくなるのが正直なところ。
131100085282713329585_07180013.jpg
131100090249613429543_07180026.jpg
131100098679513123749_07180019.jpg
131100103697813223315_07180015.jpg
131100109340813429543_07180028.jpg
131100112398513125091_07180030.jpg
もう少しだけ、手を入れるつもりです。
131100117337113224067_07180031.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の四 (過去記事転載)
今回のダイオラマ製作の資料のために、
ちょこちょこ東宝特撮映画のDVDを観ているんですが、
ちょくちょく放射線測定のシーンが出てきます。
ゴジラやモスラの設定もそうですが、
当時は原水爆実験が盛んに行われていて、
大きな社会問題になっていました。
日常的にも水爆マグロとか、第五福龍丸事件とか、
放射性降下物とか、放射能汚染が身近な問題として存在しました。
まさに現在と同じ状況だったんですね。
映画の中でガイガーカウンターを持って走り回る科学者に、
いつの間にか自らの姿を投影している自分がいます。
放射能という、得体の知れない巨大なものに、
「怪獣」を当てはめた当時の脚本家に敬服します。

暑さ故か、戯言が長くなりました。
さて、神社を仕上げる前に、
手の掛かる道路の舗装をやっつけることにしました。
そのためには集落を固定しなくてはいけません。
131091414101713212972_07170001.jpg
今回のスチラクチャーは、買い貯めた街コレを
できるだけ消費することにします。
ただ街コレは台座が半端に高さがあるので、
そこをごまかすのに一苦労。
131091430344213113779_07170004.jpg
カラーパウダーでごまかしたり、紙粘土で嵩上げをしたり。
131091437791913214347_07170007.jpg
作り付けの生垣も、さすがに実感的ではないので、
131091442564613114677_07170005.jpg
パウダーをまぶします。
131091446585813404855_07170006.jpg
こじんまりと、集落になりました。
131091453863113406065_07170008.jpg
道路は砂利道。
131091458665813213792_07170010.jpg
昭和40年代頃までは、舗装されていない道路が多く、
雨が降ったら、どろどろで大変なことになります。
131091468873113405421_07170012.jpg
神社の崖も、草を生やして実感的に。
131091482581813305878_07170014.jpg
地形の高低が出て、良い感じ♪
あ、まだ神社は置いてあるだけで設置してありません。
131091492623813406065_07170020.jpg
だいぶ形になってきましたね。
131091500839113305889_07170023.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用