小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

銀恋Part3~100形を更新1300形にする。
3月が終わりました。
職場は相変わらず修羅場です。
折角の休日位、好きなことをやって
ストレスを発散します。
s-IMG_7615.jpg
以前ご紹介しました、地下鉄博物館限定鉄コレ。
結構買い込んでおりまして、
s-IMG_7669.jpg
1セットは塗り替えて、
戦後共通運用ができるようになった頃の姿としました。
s-IMG_7830.jpg
今回は100形を使って、
車体更新されて中間車化された1200形、
あるいは1300形に改造します。
s-IMG_7831.jpg
一方は両運、両扉の外観のまま中間車化された
1358号車か1359号車に、
もう一方は乗務員扉が完全に埋められた
1200形、1300形多数派にします。
s-IMG_7832.jpg
100形は両運ですが片運転台、
つまり乗務員扉は右側にしかついていません。
s-IMG_7835.jpg
一方の乗務員扉と、もう一方の客窓を交換することで、
目的の形とすることができます。
s-IMG_7837.jpg
本当は乗務員扉を埋めた部分の客窓は
通常の窓枠の横幅より狭いのですが、
手が掛かるので、そこには目をつぶります。
s-IMG_7841.jpg
乗務員扉の残ったタイプは、
扉を更新したタイプにするので扉をくりぬいて、
s-IMG_7838.jpg
タヴァサのエッチングパーツ、東急用の小窓ドアに交換。
s-IMG_7839.jpg
外見上完全に中間車化された車両の方は、
戸袋窓がHゴム仕様に換えられた姿にします。
s-IMG_7845.jpg
連結面は窓をHゴム化し、
アンチクライマーを貼り付けました。
s-IMG_7843.jpg
車体更新が終わったら、あとは塗装です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

銀恋Part2~営団1800形をでっちUPする。
年度末です。
うちらの仕事にとっては、ある意味、一番忙しい時期です。
結構ストレス、溜まってます。

どうも追いつめられると車両に逃げる性癖があるらしく、
レイアウトの製作の合間というか、
少しでも時間が空くと、車両をいじっています。
s-IMG_7820.jpg
というわけで、
鉄コレの営団2000形開封以降の銀座熱は醒めやらず、
相変わらず増備を画策しています。
s-IMG_7702.jpg
鉄コレの銚子電鉄デハ1000形、ご存知のとおり
元営団2000形を譲渡の際に両運化したものです。
ところが、ほぼ2000形と同じ仕様で、
もともと両運で製造された車両もありました。
1800形と1900形です。
これの改造ネタとしてデハ1000形、使えます。
s-IMG_7761.jpg
ただし、改造の時に正面窓が小さくされたので、
s-IMG_7766.jpg
復旧には右側のように、枠ぎりぎりまで拡大します。
また側面にはステップが追加されていますので、
これも削り取っておきます。
s-IMG_7767.jpg
一方目立つ違いが屋根回り。
パンタグラフが設置されているのはもちろん、
屋根の通風機も、大幅に減らされているので、
s-IMG_7769.jpg
雨樋から上を思い切りよく切り取ってしまいます。
s-IMG_7777.jpg
で、代わりの屋根はここから調達。
Bトレイン・ショーティの銀座線6両編成セット。
s-IMG_7770.jpg
2000形用の屋根を2両分、繋いで使います。
s-IMG_7773.jpg
幅も、正面のカーブもほぼピタリ。
s-IMG_7783.jpg
繋ぎ目が目立たないように、瞬間接着剤と
サーフェイサーで隙間埋め。
s-IMG_7811.jpg
下地が整ったところで、塗装します。
s-IMG_7814.jpg
正面窓は拡大しているので、
元の鉄コレパーツは使えません。
そこで、ボナ・ファイでプロダクトのピタ窓。
s-IMG_7817.jpg
画像では左側がうまく填っていませんが、
透明感もよく、優れものです。
s-IMG_7823.jpg
仕上げとしてテールライトの色挿しやら、
車番インレタ貼りがまだ残っていますが、
なんちゃって1800形、なんとか形にはなりました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

銀座線、増備中
鉄コレの2000形はオレンジ一色。違和感があります。
私の記憶の中では、銀座線の屋根は赤茶色。
s-IMG_7633.jpg
ボディ部分だけ、ちゃっちゃっとマスキングして、
ダルレッドを噴き付けます。
s-IMG_7634.jpg
うん。こんな感じです。
s-IMG_7637.jpg
やっぱり、こっちの方がよい。
s-IMG_7630.jpg
ワンマイルの1500形は屋根中央で左右を貼り合わせます。
上から見ることの多い鉄道模型では、
仕上がりによってはかなりデリケートな問題。
s-IMG_7659.jpg
だましだまし、なんとかここまで仕上げました。
s-IMG_7660.jpg
光の加減では、屋根の細かな凹凸がわかっちゃうんですが
私的には精一杯。
s-IMG_7665.jpg
まだ色挿しや、細かなタッチアップ、
さらには車番インレタ貼りもまだですが、並べてみます。
ふっふっふ~。思えずニヤリ。
s-IMG_7657.jpg
さて、塗り替え予定の地下鉄博物館限定品は
分解してボディをIPAボトルにドボン。
s-IMG_7675.jpg
寒い時期は、湯煎して液温を上げると剥離が早いです。
数時間で、この通り。
s-IMG_7669.jpg
ブリリアントオレンジでボディを塗装します。
s-IMG_7652.jpg
1000形も、
s-IMG_7653.jpg
100形も、営団に替わってからも
1500形に置き換えられるまでは現役でした。
s-IMG_7661.jpg
2000形と混結された時代もあったようです。
s-IMG_7673.jpg
仕上げはまだですが、往年の渋谷駅のイメージで。
こうなると、特定号車も揃えてフル編成したくなります。
お気軽改造はどこへやら・・・。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

突然、銀座線
ん~。今年も、もう二か月も過ぎてしまったのか・・・。
早い!早すぎる!!
誰か加速装置、使ってるんじゃないだろぉか?
わたし時間的には、
ついこの間お正月だったような気がするのですが。

などと、
毎回お決まりの「ぼやき」をのたまっている間にも
無常に時間は過ぎていくので、
話を進めることにいたします。
s-IMG_7609.jpg
少し気分を変えるために、少し車両をいじります。
去年発売されました、銀座線2000形。
買ったままでしばらく放置していましたが、
動力を組んで、整備することにしました。
s-IMG_7611.jpg
丸ノ内線の時にも書いたかもしれませんが、
わたし、地下鉄大好きです。

御幼少のみぎりに見た絵本の、
あこがれの0系新幹線、色とりどりの101系、
羽田空港モノレールとともに、
よほど印象が強かったのでしょう。
そんなわけで、
丸ノ内線と銀座線の旧車両に特化してはいますが。
s-IMG_7628.jpg
先頭車両のみのセットなので、
バリエーション的には寂しかったんですが、
ワンマイルというところから、こんなキットが。
s-IMG_7629.jpg
1500形2両セット。中間車です。
往年のグリーンマックスのキットをほうふつとさせる
あまり質の良くないプラ素材と、精度の悪さなので、
形にするのは苦労しそうですが、完成さえすれば
2000形+1500形の編成が組めます。

できれば、もっと前の
吊り掛け車の入った編成も組みたいなぁと思っていたら、
s-IMG_7614.jpg
こんな品物も発売されていることを知り、
急遽お取り寄せ。
s-IMG_7615.jpg
地下鉄博物館の限定商品なのですが、
これまた出来が素晴らしい。
s-IMG_7616.jpg
東京地下鐵道1001と、
s-IMG_7624.jpg
東京高速鐵道129の2両セット。
s-IMG_7625.jpg
所謂ひとつの物量作戦。
原型のままの保存編成用と、加工用。
s-IMG_7626.jpg
イメージ的には、こんな感じ。
気分転換ですから、あまり時間と手間をかけずに、
お気軽工作で進めたいと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

KATO京急デハ268
事業者限定鉄コレの京急230形を
ちょうど1年前に御紹介しました。
0224-IMG_5097.jpg
なんとKATOからも50周年記念製品の第1弾として、
本社前に実車が展示されているデハ268が
発売されました。
0224-IMG_5098.jpg
といっても、ボディ自体は昨年暮れに
キット状態で発売されていたんですが。
0224-IMG_5099.jpg
なぜか動力だけは、数カ月遅れで発売となり
今回晴れて完全Nゲージ化できました。
0224-IMG_5101.jpg
キットといっても、組み立てるだけのイージーキット。
0224-IMG_5102.jpg
あっという間に完成します。
0224-IMG_5105.jpg
さらに今回発売された動力ユニットには
車番変更インレタがサービスされていて、
0224-IMG_5109.jpg
印刷済みの車番が替えられるのです。
KATOは車番まで美しく印刷された製品が多く、
加工いらずという手軽さはあるのですが、
両数を揃えたいときには困ってしまいます。
これはそんなお悩みを解決してくれる
良い配慮ですね。
0224-IMG_5106.jpg
というわけで、2両編成完成。
0224-IMG_5114.jpg
トミーテックの事業者限定版との並び。
0224-IMG_5115.jpg
KATOの230は御料車張りに美しい艶有で
神々しい感じですね。
0224-IMG_5104.jpg
それにしても、こんなオヤジキラーの車両が、
大手2社から出るなんて。
つくづく良い時代です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用