小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

タチカワエアベース カーウォッチング
ほぼひと月のご無沙汰でございます。

わたくしごとで恐縮ですが、
年度末で仕事がケツカッチンなのと、
新年度に向けての人事異動のゴタゴタで、
気の休まる暇が、ござんせん。
前のブログ(小ノ島釜倉観光電鉄)から
お付き合いいただいている方はご存知ですが、
小ノ電社主めは、二年前から「交流派遣」というか、
「出向」というか、とにかく本来の職種とは
全く関係の無い職域に送り込まれております。
本当なら、この4月で古巣に帰る予定でしたが、
いまだ「緊急事態」だという理由で、
とにかくあと一年は残れ、ということに…。
「フクシマダイイチのバカヤロ~!!!」

さて、そんなこんなで、
腰を据えて何かを作ろうと言う気が起こりません。
とはいえ、手遊びでも、なにかしてないと
気も紛れませんので、チマチマ仕事を進めます。

じゃ~ん!!
03240013.jpg
立川中央図書館で見付けてから、
どうしても欲しかった写真集。
「タチカワエアベース カーウォッチング」
~高木 紀男 著、2000年、けやき出版
メインは米兵が持ち込んだアメ車の写真なのですが、
背景にバッチリ基地内の情景が写りこんでます。
今では絶版なのか、なかなか手に入りませんでした。
今回オークションで入手したのですが、
価値のわかる人が他にもいて、そこそこ高価に…。
でも、それだけの意味がありまして、
ご覧になると分かる通り、もうすでに付箋の花が。

著者、というか撮影者の方は日野で開業されている歯科医師で、
基地を中心に、昭和30年代から外車を撮影されており、
ほかにも、代表的なものとして、
03240014.jpg
一方、マニアックなものとしては、
03240015.jpg
などを出版なさっています。

で、この本を食い入る様に見ていて気付いたこと。

「外車が一杯無いと駄目ジャン」

当時の基地の再現には、
アメ車を中心として、かなりの量の外車を
用意しなければいけないと。

いままでもそこそこ外車は集めてはおりますが、
こんなもんじゃ、あまりに貧弱。
「もう少しがんばりましょう」状態。

これより我軍は、物量作戦に討って出ます。

今回の補給先は、アメリカはGHQ。
各スケールのホワイトメタル製モデルをラインナップしていて、
Nゲージアクセサリーもサプライする老舗のひとつです。
03100002.jpg
カーモデルも数多く出しているのですが、
大きく分けて、キットタイプと、
03100004.jpg
一体成型タイプがあります。
03110006.jpg
キットタイプは、細かな部品まで用意されていて、
ものすごく精密感があります。
03110002.jpg
塗装も神経使うので、なかなかしんどい。
今回完成したのは、やっと3台。
03240021.jpg
まずは、Checker Cab
03240012.jpg
本来は、映画とかで良く見る、
黄色にチェッカー帯なんですが、ここはサルーン風に。
03240010.jpg
次は少し遡って、1940 Ford 4-door Sedan
03240007.jpg
なかなかスポーティです。
03240006.jpg
最後が、1935 Chevrolet 2 Door Master Deluxe
03240008.jpg
ギャング映画に出てきそうです。
03240009.jpg
古い車ばかりになったので、少し新しい自動車も。
前に手に入れた、古いEKOの製品。
03240016.jpg
1965年頃のChevrolet Malibuをモデルにしてます。
03240018.jpg
色刺しすると、かなり良い感じに。
03240019.jpg

車の増備は暫く続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用