小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

新工法試行
ホーム有効長問題は、ひとまず棚上げにします。
線路買ってこないと、実際に試せないし。
で、西側構内を整備していきます。

立川駅セクションは、
ポイントも多いし、信号もあるってことで、
従来のポンドバラスト工法は避けたいところです。
界面活性剤を加えて浸透性を良くしたボンド液が、
可動部やら、電気接点やらに染み込んだら
目も当てられない。
それでなくても、ポイントマシンの故障などで、
交換が必要となった時に、
バラストごとがっちり固定されていると、
作業の困難度が高くなる。
ということで、今回はボンドバラスト工法を用いず、
少し工夫してみることにします。

まずはボードプレート工法。
(ちなみに工法名はでっちあげ、適当ですから…)
RIMG1114_SP0000.jpg
まずはスチレンボードを線路に合わせて切りだします。
RIMG1115_SP0000.jpg
併せて、側溝蓋やら、架線柱の土台やらも貼り付けます。
RIMG1117_SP0000.jpg
カラージェッソを塗って、パウダーを撒き、
これが地面となります。
RIMG1118_SP0000.jpg
このプレートを、施工位置に嵌め込みます。
RIMG1120_SP0000.jpg
このままだと、線路との間が不自然ですから、
新兵器、KATOのペースト状バラストを使います。
RIMG1122_SP0000.jpg
中身はこの通り、どろっとしてます。
RIMG1123_SP0000.jpg
これに、アクリル塗料のフラットアースを混ぜて
色調を合わせて使います。
RIMG1121_SP0000.jpg
塗りつけたところは、こんな有様。
RIMG1124_SP0000.jpg
さらに馴染ませるため、ペーストが乾かないうちに
少量バラストを振りかけておきます。
RIMG1126_SP0000.jpg
ここまで作業したら、一晩おいて固着させます。

もうひとつの工法は、以前も使ったパテ工法。
RIMG1130_SP0000.jpg
DIY店で売っているフローリング等の充填剤です。
RIMG1127_SP0000.jpg
うにょ~とひねり出したら、バラストを撒いて
こちらも固着を待ちます。
RIMG1128_SP0000.jpg
ボンドバラスト工法に比べると、
少し自然さが欠けますが、機能優先。
RIMG1129_SP0000.jpg

充分乾いたところで、アクセントとして
グリーンパウダーを撒き、少量のボンド液で固定。
RIMG1134_SP0000.jpg
ウェザリングがまだですが、
そこそこ実感的になりました。
RIMG1133_SP0000.jpg
そして重要事項、
ポイントも、無事作動することを確認します。
RIMG1135_SP0000.jpg
両工法とも、改善の余地はありますが、
とりあえず、当初の要求は満たせるようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用