小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

テルハ竣工
今年最後の三連休、というか休日です。
もう来週は仕事納め。
光陰矢の如しと申しますが、工事の進捗が牛歩ですので、
尚更その感が強まります。

テルハ、ウィンチ部分とゴンドラです。
s-RIMG1205_SP0000.jpg
一見良さそうですが、実はこの画像の時点では、
まだ大きな問題に気が付いていません。
s-RIMG1206_SP0000.jpg
エレベータ建屋の鉄骨部分を、
先にスプレーで塗っておきます。
このあと外壁は普通に筆塗り。
s-RIMG1209_SP0000.jpg
構造が細かい横桁も、同じようにスプレーして、
仮に建屋に嵌め込んでみたところ。
s-RIMG1211_SP0000.jpg
この時点でも、まだ失敗に気が付いてない。
気がついた方、いらっしゃいます?
s-RIMG1216_SP0000.jpg
建屋の方は、いつも通りに、
s-RIMG1217_SP0000.jpg
経年劣化していただきます。
s-RIMG1218_SP0000.jpg
横桁を固定して、ワイヤーで補強。
s-RIMG1219_SP0000.jpg
ぐっと精密感が増します。
s-RIMG1237_SP0000.jpg
これでテルハ自体は完成しましたから、
レイアウトに固定します。
s-RIMG1221_SP0000.jpg
実物通りなんですが、
見た目結構きわどい。
s-RIMG1223_SP0000.jpg
防護柵とか落下防止対策は
しなくてよかったのかなぁ。
s-RIMG1225_SP0000.jpg
ここで、やっと重大な失敗に気がつきました。
ウィンチとゴンドラを大きく作りすぎたために、
建屋の開口部が小さく、ゴンドラがはいらない!!
s-RIMG1227_SP0000.jpg
架線とパンタグラフの高さは
クリアしてるんですけどね。
s-RIMG1232_SP0000.jpg
今更作り直す気力がないので、
気が付かなかったフリ…かな?
s-RIMG1230_SP0000.jpg
ちょうど夕日が当たって良い感じ。
s-RIMG1234_SP0000.jpg
「三丁目の夕日」ってか?!
s-RIMG1236_SP0000.jpg
すいません。
思ったよりうまくいったので、調子に乗ってます。
(既に、私の中では失敗は無かったことにされています。)

さて年内もあと少し、
あとどれだけすすめられるかな?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用