小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

明治村「東松家住宅」~其の壱
昨年10月、明治村で購入し、
製作途中のままのペーパーキット、
「旧東松家住宅」。
s-IMG_7013.jpg
キットそのままでも出来はよいのですが、
作り易さのために省略されている部分も多く、
そのまま組んだのではおもしろくない。
色々調べ出したのはよかったのですが、
途中で挫折し早半年以上。
s-IMG_7023.jpg
N電の完成と相まって、明治村再現のため
作業再開です。
s-IMG_8674.jpg
まず、窓部分が開けられただけの右壁。
s-IMG_8675.jpg
「さんけい」の格子を使って、格子窓にします。
s-IMG_8676.jpg
正面も、印刷された腰壁を
貼るように指示されているところを
s-IMG_8677.jpg
色合いの合った厚紙に筋彫りして、
s-IMG_8680.jpg
腰貼り部分に貼ります。
「うだつ」も木片で軒飾りを追加して、
s-IMG_8678.jpg
2階の庇も銅板張りに加工します。
s-IMG_8683.jpg
取付完了。
そうそう、1階の庇も成形プラの瓦屋根に換えてあります。
s-IMG_8685.jpg
屋根は印刷されたものを貼るように指示されてますが、
流石にこれでは格好が悪い。
s-IMG_8687.jpg
こちらもプラ瓦に置き換えます。
印刷されたペーパーを型紙にすれば
型取りも楽にできます。
s-IMG_8689.jpg
重厚感が全く違ってきますね。
s-IMG_8692.jpg
右側面はほぼ実物同様となりました。
s-IMG_8693.jpg
正面も雨樋がまだですが、ほぼOKです。
s-IMG_8697.jpg
うん。こちら側から見る限りでは、
レイアウトに設置しても違和感ない出来です。
s-IMG_8698.jpg
問題は完全に省略されている背面。
まったくののっぺらぼうです。
さて、どうしましょうか。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用