小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

輸送機整備中
使い道の目途がついたので、
早速グローブマスターの組立にかかります。
s-RIMG0249.jpg
細部の確認用に、洋書を取り寄せました。

なにせ今回のお題が「飛ばせること」。
地上駐機中と違って、
いろいろ仕込まなければなりません。
s-RIMG0234_20130429230254.jpg
機体中央に、プラパイプを通します。
s-RIMG0235.jpg
そのうえで、左右をドッキング。
ほぞ穴も、ガイドもありませんから勘だけが頼り。
おまけに合わせが悪いから、隙間が空きまくり。
とりあえず黒い瞬着で埋めましたが、
あとで盛大にプラパテ祭りになりそうです。
s-RIMG0236.jpg
当時は世界最大と言われただけあって、
ふてぶてしい面構え。
s-RIMG0237_20130429231108.jpg
腹側にはおへそができました。
s-RIMG0253.jpg
飛行中とするには、色々な表現方法があります。
一番簡単なのが、ペラを透明プラ円盤にして、
あたかも回っているように見せるフェイク。
s-RIMG0254.jpg
今回は実際にプロペラを回すことを前提に
これを使ってみます。
トミーテックの「プロペラ回転ユニット」。
これって以前、
タカラの「世界の傑作機」シリーズ用として
リリースされていたやつです。たぶん。
s-RIMG0256.jpg
エンジンパーツの中心に穴をあけて、
モーター軸をブスリ。細工は流々、と。
s-RIMG0251.jpg
今回はC-124Aを改修したバージョンとしたいので、
レドームをC型からコンバートします。
「型想い」で型を取って、ポリパテで複製。
s-RIMG0252_20130429232842.jpg
スヌーピーの鼻のような、
愛らしいノーズが複製できました。

続きは黄金週間後半へ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
プロペラ可動式ですね♪
小ノ電社主さん、おはようございます。

胴体におへそが付き、4発エンジンは可動式ですね d(^^)
プロペラが全て回転する4発機は迫力があるでしょうね~
完成迄の行程にもとても興味が湧きますです。
次回更新がとても楽しみです。
[2013/04/30 06:59] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

飛びます♪飛びます♪
こんばんは、甚六郎さん。

はぁい、エンジンの音轟々と、飛んでもらいます。
ものがでかいだけに、結構な迫力にはなるのかと。
甚六郎さんもヘリのローターではご苦労されましたが、
完成までには色々難問にぶつかること、必至です。
めげずに、なんとか形にしたいですねぇ。
[2013/05/01 00:10] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]

飛べ・飛べ♪ グローブマスター
小ノ電社主さん、おはようございます。

私の場合は着陸、ん・・・ 離陸前か?? の姿勢ですから
然程の苦労はありませんでしたが、空中姿勢ですと支え
方や通電方法にも気を使わなくてはなりませんから、難
しそうですね・・・
難問をクリアなさって、是非とも巨体を飛ばして下さいま
せ d(^^)
[2013/05/01 05:37] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/105-453c3b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)