小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カーダー橋を架ける
ガーダー橋前後にバラストを撒いてから、
橋を固定していきます。
s-RIMG0513_20130602001408.jpg
ローカル線というわけではありませんが、
草蒸した感じに。
s-RIMG0514_20130602001702.jpg
まだまだすっきりとし過ぎていますが、
細かいところは、後で仕上げることにしましょう。
s-RIMG0521_20130602001948.jpg
橋を置いて(?)みます。
s-RIMG0523_20130602002131.jpg
橋台がきれい過ぎるので、
s-RIMG0525.jpg
雨垂れやら、鉄錆やら。
s-RIMG0526_20130602002510.jpg
いい感じ?
s-RIMG0537_20130602002642.jpg
I材を錆色に塗って、
s-RIMG0539.jpg
ガイドレールに。
ひとまず架橋作業は終了しました。

引き続き西立川側のバラスト撒きと、
沿線緑化を進めます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
ガーダー架橋
小ノ電社主さん、こんばんは。

ガーダー架橋作業が行われましたね♪
今更ながら橋梁の下をレールが伸びるのは魅力的な事に
気付きました d(^^;
偏に、小ノ電社主さんが作製された情景が素晴らしいから
に尽きるのですが!!
[2013/06/04 21:17] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

透け透け
甚六郎さん、こんばんは。
過分なお褒めのお言葉、恐縮です。

やっぱり鉄橋というと、下が見えるイメージが強くて。
最近は騒音防止の観点からコンクリート橋か、
ガーダー橋でも下路式で密閉型、バラスト撒きが多いですが。
[2013/06/08 23:59] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/113-d4d32a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)