小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

架線柱を自作する。
この週末は、庭木の梅の実を収穫しました。
s-RIMG0625.jpg
約12キロ。
今年は例年になく豊作です。
s-RIMG0626.jpg
4リットル瓶3本に梅ブランデー、
2リットル瓶1本は梅サワーとしましたが、
まだ3キロ位余ってる…。
こんなに作って誰が飲むんだ?

さてレイアウトのほうは、
先週、架線柱で引っ掛かった続きになります。
s-RIMG0615.jpg
作りたいのはこのタイプの、支柱が木製のもの。
塗り方でごまかせばいいかとも思ったのですが、
s-RIMG0616_20130616230318.jpg
トラス部分のこのぶっとい表現が許せない。
実物はL材2本のはず。
トミックスもカトーもほぼ同じ構造です。

市販品がなければ作るしかない。
ところがコンマなんミリを手で切り出すなんて、
とても無理。
で、どうするか?
s-RIMG0605.jpg
買っちゃいました。
カッティングプロッタ。商品名シルエットカメオ。
クラフトロボの後継機です。
s-RIMG0606.jpg
付属ソフトで作図して、
s-RIMG0609.jpg
カッティング。
s-RIMG0610.jpg
さすがに細すぎたのか、半分くらいが失敗。
s-RIMG0612.jpg
歩留まりは悪いけれど、
まぁ、とりあえず試作ということで。
s-RIMG0614.jpg
上辺をL材で固定して、塗料を染み込ませれば、
そこそこの強度にはなります。
s-RIMG0617_20130616231914.jpg
竹ヒゴを支柱として、組んでみます。
s-RIMG0618_20130616232030.jpg
トミックス製品と比較。
s-RIMG0620_20130616232144.jpg
ちゃんと透けてます。
s-RIMG0621.jpg
ガーダー橋といい、架線柱といい、
ここのところ、やけに「透け」にこだわる小ノ電。
夏だからかなぁ?
s-RIMG0622.jpg
とにかく、なんとかなる目処はついたので、
量産して数を揃えることにします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
祝♪ 豊作 & マシン導入
小ノ電社主さん、こんばんは。

凄いですね!! お庭の梅の実の収穫が12㌔とは驚きです♪
梅プランデー、梅サワーの量も半端ではありませんね (^^)
長期に渡って楽しめそうで、なによりです~

消エタスプレー、以前にもご紹介していたんですね d(^^;
ちょっと以前の事も、すぐに忘却の彼方・・・
年は取りたくないものです d(__)

さてさて、何と!! クラフトロボの後継機、シルエットカメオ
勿論初耳ですが、カッティングプロッタを導入されての
架線柱作製とは「力」の入り方が違いますね、凄いです♪

やはり、スケスケ感が違います、萌え~ ですね (^^)b

引き続きの頑張!! でございます。
[2013/06/17 21:51] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

梅工房、紙工房
甚六郎さん、こんばんは。
例年は、2瓶梅酒にする位しか成らないのですが、
今年は気候のせいか、大豊作でした。
ちなみに残りの梅は、かみさんがシロップ煮にしました。
漬け込むのと違って、すぐに食べられるので、
早速夏の風味を楽しんでいます。

さて、まだ出もしない夏のボーナスをあてに
清水の舞台から飛び降りてしまったマシン購入ですが、
結局は良い買い物だったようです。
色々と試行錯誤しているところですが、
随分と使い道がありそうです。
サンプルが仕上がったら、またご報告したいと思います。
[2013/06/22 00:14] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


架線柱、プラ一体成型では得られない精密感があって恰好いいですね。

カッティングマシンの使い勝手はどうですか?

私が参加させていただいている激団サンポールという集団では、ぺ―パーやプラ板でスクラッチをしている強者ばかりで、なかにはレーザーカットまでやっている方もいます(汗)

これらの作品に対抗しうる装備として、カッティングマシンの導入も検討していますが、高価なためなかなか踏み切れなくて…。
[2013/06/23 08:11] URL | Kata改 #bolJ6oa. [ 編集 ]


Kata改さま、はじめまして。
ブログには、勝手によくお邪魔しております。
お越しいただき、ありがとうございます。

シルエットカメオ、クラフトロボの後継機なのですが、
より厚いものも切れるようになったようです。
私はCADが使えないので、作図が不安だったのですが、
添付ソフトの使い勝手も良く、今のところ不自由はありません。
色々試してみているので、近いうちにまとめて
レポートしたいと思っています。

レーザーカッターですか…。
3Dプリンターと並んでいつかは欲しい機械の一つですが、
おそらく使いこなせないのではないかと…。
老眼で細かいものが見えなくなりつつあるのと、
手先の技術が鈍くなってきているので、
便利な機械があれば頼りたいところなんですが。

またのお越しをお待ちしております。
[2013/06/23 23:55] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/117-5f9184ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)