小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

地割検討
線路が固定できたので、
今後の街造りの具体的な検討を行います。
これまではとにかく線路配置優先だったので、
どこに道を通して、なにを建てるかまでは、
ほとんど考えていなかったわけです。
都市計画も何も、あったもんじゃない(汗っ)。
s-RIMG0643.jpg
イメージをつかむために、
グローブマスターもフライトチェック。
s-RIMG0641.jpg
かなりの低空飛行。
高い建物は建設できませんねぇ。
s-RIMG0645.jpg
こうやって見ると、
レイアウトに飛行機が飛んでいるのって、
なかなか斬新だと表ません?
s-RIMG0639_20130623230810.jpg
なんだかんだ言っても、
小林 信夫先生の受け売りなんですけどね。
GM.jpg
大体のプランが決まりましたから、
青梅線沿線から埋めていこうと思います。
ダブルクロスポイントのあたりまで、
バラストを撒きました。
s-RIMG0653.jpg
ダブルクロスポイントは高いので、
万一駄目にしたら泣くに泣けません。
慎重をきして、道床部分に木工ボンドを塗り、
バラストを貼り付けています。
s-RIMG0650_20130623232548.jpg
これからは建物の建築が多くなりますから、
見た目の進捗は遅くなるかも…。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
飛んでますねぇ~
小ノ電社主さん、おはようございます。

いよいよ、街作りの具体的な検討に取り掛かられましたね。
飛行機の飛ぶレイアウト、小ジオラマでは見掛けたことがありますし
レイアウトの上空に、天井から吊るしたりしている飛行機は見掛けま
すが、本格的なレイアウト上空を、それも着陸態勢で低空飛行すると
云うのは本邦初ではないかと思います、嘗て見たことがありません。
画像、低空飛行するグローブマスターの何と魅力的な事か d(^^)
堪りませんね♪ 萌え~ であります。

小林信夫氏、GMのカタログに飛行場の挿絵等を描いておられま
したし、TMSにも度々空港や格納庫等の記事を寄稿しておられま
したね。眺めているだけで楽しくなる、氏の作画は魅力的ですよね (^^)

小ノ電社主さんの建物建築、独特の持ち味で、とても素晴らしく
又、多々拝見出来るかと思うと、ワクワク感で一杯です♪

引き続きの頑張!! でございます (^^)b
[2013/06/24 05:08] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

万が一にも
甚六郎さん、こんばんは。
ものがものだけに、小林信夫先生ではありませんが、
万が一にも市街地に墜落しないようにしないといけませんね。

前にも話しましたか、
私も昔は羽田空港と京急のコラボが作りたくて、
60年代の旅客機を集めたこともありました。
ただ羽田空港へ京急が直接乗り入れたのは
比較的新しい話で、60年代だとうまく絡ませらせない。
イメージがうまくまとまらず、
実現しておりませぬ。
[2013/06/30 00:34] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/119-0031feb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)