小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

整備場の骨組みをカメオで作る
今日は風が強くて、それでいて蒸し暑い一日でした。
こういう日には、細かな作業は向きません。
というより、気が乗らない。
理容店の仕上げを棚上げにして、もう少し、
カッティングマシーンをいじることにします。
s-RIMG0700.jpg
付属ソフト、シルエット・スタジオの作図画面です。
基本的には直線、方形、円形を選択して
マウスで描画していきます。
背景をグリッドにすると書きやすいです。
s-RIMG0702.jpg
編集機能も多彩で、対称図形の場合は、
描画した左半分全てを選択し、右に複製を実行。
s-RIMG0704.jpg
さらにそのまま、「変換」で平行にミラー反映。
s-RIMG0705.jpg
すると、御覧のように横方向骨組みが完成します。
高機能で、使いやすいソフトです。
s-RIMG0706.jpg
縦トラスも1個作図して、あとは複製するだけ。
これをマシンに送って、カッティングさせると、
s-RIMG0708.jpg
こうなるわけですね。
これを手で切るとなると修行に近い。カメオ様々です。
s-RIMG0709.jpg
今回は色ケント紙を切っています。
そのままでは強度が足りないので、
s-RIMG0711.jpg
プラL材で補強します。実感的にもなりますし。
s-RIMG0710.jpg
部材ができましたら、ひたすら組んでいきます。
s-RIMG0712.jpg
いきなりですが、こうなりました。
これはなにかといいますと、
s-RIMG0717.jpg
こう使います。
大型機の機首やエンジンを整備する整備場。
機体全部を収めるとなると
ものすごく大きな格納庫が必要ですが、
頭だけ突っ込むようにすれば、ずっと小さくて済む。
s-RIMG0715.jpg
このゴチャゴチャが素晴らしい!!
s-RIMG0722.jpg
塗装と、強度の向上を兼ねて、
少し厚めにサフを噴きます。
s-RIMG0723.jpg
シルエット・カメオ、こういう工作物には、
絶大な威力を発揮します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
こちらも充分に
小ノ電社主さん、おはようございます。

いやいや、カッティングツールを駆使された、こちらの整備場の工作も
充分に細かな作業かと思われますですが d(^^;

組み上がった整備場の骨組み、メカニカルと言って良いのでしょうか?
ゴジラ世代にはメカゴジラの格納庫に繋がる感じで堪りませんですわ~
戦記物ではトラ・トラ・トラの格納庫爆破シーンが甦りますです (^^)b
[2013/07/07 09:56] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

ほとんど機械が
こんばんは、甚六郎さん。

いやいや、細かな作業はほとんど機械がやったようなもので…。
ある意味、プラモデル感覚です。

トラスの骨組みって、秘密基地っぼくてわくわくしますよね。
海底軍艦のドックとか、TDFの格納庫とかも。
完成の暁には、玄ちゃんに特別出演を依頼して、
特撮でもやりますかな。
[2013/07/07 23:47] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/122-0fbcdf5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)