小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

新しいコンデジで整備場を撮る
以前使っていたデジカメは修理に出すとして、
今後のためにもサブカメラを買うことにしました。
s-IMG_0031.jpg
店頭でしばらく悩んで、結局買ったのは
CanonのIXY610。
マクロ機能が呼び出しやすかったので
選んでみました。
s-IMG_0030.jpg
ちなみに今まで使っていたのは、
こちらのRICOH CX5。とにかく接写に強い。
模型のほかにも、虫だの花だのを撮るのですが、
とても鮮明に撮れるので気に入ってます。

さて、それでは早速IXYを使って、
完成した整備場を撮ってみます。
s-IMG_0001.jpg
まだ上屋を固定していないので、
まずはアクセサリーの設置状況を。
s-IMG_0004.jpg
エンジン整備風景。
s-IMG_0007.jpg
折角の情景なんですが、実際の設置では、
s-IMG_0015.jpg
飛行機があると、こうなるわけで、
s-IMG_0016.jpg
ほとんど、というか、全く見えない…。
s-IMG_0022.jpg
いわゆる、ひとつの、自己満足。
s-IMG_0026.jpg
外側はグレーをベースに、少し派手に汚しました。
s-IMG_0019.jpg
裏側には変電設備。
s-IMG_0018.jpg
接写機能のチェックも兼ねて。
看板の字が読めますね。
s-IMG_0027.jpg
ひとまず、整備場のほうは完成とします。

IXYは一度目標を定めると、
それを自動追尾して焦点を合わせる機能があって、
違うところに焦点を合わせ直そうとすると
ちよっと難儀します。
便利なようで、面倒な部分。
マクロ機能についていえば、
それが売りでもあるCX5と比べると
やはり遜色があるのは否めない。
レスポンスの早いところや、感度が高いのは
IXYのほうが優れていると思います。
まだ慣れていないので、使っていくうちに
また感想があれば書きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
新機種導入ですね
小ノ電社主さん、おはようございます。

おっ、新機種購入なさいましたね♪
接写に強い機種がレイアウト撮影には必須ですよね。
と言いつつ、実はそれで大失敗をやらかしましたのです。
同一メーカーの新機種を選択(その場で未確認)したの
ですが、新機種には接写機能が省かれていたことに気
付いた時は、後の祭りでした d(__)

エンジン整備風景、良いですねぇ~♪
フィギュアが加わりますと、情景が生き生きとして来ますね。
整備中の飛行機で内部が隠れてしまうのは残念な気がし
ますけれど、内部の情景があると無しでは大違いですし、
何かの拍子にチラッと見えたら萌え~ ですからね d(^^)
[2013/08/05 07:43] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

デジカメ二世
甚六郎さん、こんばんは。
新機種で接写ができなくなっているとは、
なんとなく時代に逆行しているような…。
とくにコンハト・デジタルカメラは、
多機能が売りとなってきているのにねぇ。

整備場、早くレイアウトに設置してみたいです。
やはり広い風景の中で…っていっても、
レイアウト自体が広くはないんですけれども、ね。
[2013/08/08 22:30] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/132-28587048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)