小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

タチカワエアベース残照
間が一週間開いてしまいましたが、
立川散策後編です。
10180022.jpg
前回は、ここまで。
このあたりは、砂川地区。
「土地に杭は打たれても、心に杭は打たれない」
基地反対運動として有名な、砂川闘争の舞台です。
昭和30年、基地拡張に伴う用地強制収用に対して、
住民が反発、やがて政治的闘争に発展して、大きなうねりとなり、
最終的には米軍からの基地返還を勝ち取りました。

ここまでで、基地跡地東側をほぼ半周しました。
再開発が進み、ほとんど面影は残っていない状態です。
ところが滑走路西側の住宅地に迷い込んだところ、
こんな場所に出ました。
10180024.jpg
典型的な米軍住宅の立ち並ぶ一角です。
10180026.jpg
米国軍人が家族とともに生活できるように、
基地周辺に規格型の一戸建てをたくさん建てました。
典型的なアメリカ式住宅で、
芝生に囲まれ、広々としています。
もちろん、今ではアメリカ軍兵士が住んでいるのではなく、
アメリカンライフに憧れる日本人が、
そのまま受け継いで、住み続けているんだと思いますが。
10180031.jpg
この地区ばかりでなく、
米軍住宅そのものなのか、それとも模倣したものか、
同じような形態の住宅を、この辺りではよく見かけます。

さらに進むと、うっそうとした広大な森が見えてきます。
未だに放置された、基地西側の部分です。
10180029.jpg
木々の間から、煙突が数本見えます。
10180033.jpg
西側を南北に通る道路沿いにも、煙突が。
10180035.jpg
ここはユーミンの歌にも歌われた、
「ランドリーゲート」があったところ。
10180046.jpg
ゲートそのものは、わずかに基部を残すのみ。
10180045.jpg

そこから少し住宅街に入ると、
こんなモニュメントがあります。
10180041.jpg
ここは基地引込み線が、分岐していたところ。
現在の道路が、そのまま線路の跡のようです。
10180037.jpg
片方は二股に分かれて基地の内部へ、
もう一方は中神駅へと、それぞれ続いていました
通りにその名を残しています。

結局、基地外周をぐるりと一周、歩いてしまいました。
それでもやっぱり、現役の息吹を感じたくて、そのまま横田ベースへ。
10180054.jpg
さすがにこちらは「生きた」軍事基地。
10180062.jpg
安易に写真を撮ることすら、はばかられる雰囲気。
10180063.jpg
これも米軍住宅かなぁ?
10180067.jpg
ちりちりした感覚に、夕刻も迫ったことですし、
撮影もそこそこにして、早々に退散いたしました。

以上、立川基地散策、後編でした。

やっと次へ、で、ポチッとな。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/14-4cb08593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)