小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

火の見
三連休最後の今日は雨。
学園祭やイベントの多い時期ですから、
恨み雨といったところでしょうか。

私はと言えば、
雨を良いことにおこもりで工作します。
キットででているしっかりした櫓ではなく、
梯子に毛の生えた感じの簡素なものがいいかな、と。
s-RIMG0104_20131104201252faa.jpg
感染艦船模型用のエッチングパーツの
梯子やら、手すりやらを適当にくっつけて、
(普通に「かんせん」を変換すると
第一選択が「感染」になってしまふ…)
s-RIMG0106_20131104201717e7d.jpg
くだんの錆止め塗料風サーフェイサーを噴いて、
電柱風味に味付けした竹ひごと合体。
火の見というより、ホース掛けが主目的?
s-RIMG0110_201311042019206fc.jpg
自分の予想より「さま」になってて
ちよっと嬉しい。
s-RIMG0111_201311042021308f9.jpg
ちなみに立川市富士見町に
消防団庫はないことが判明。
急遽、自治会市民消防隊ポンプ庫に
所属替えすることに。
s-RIMG0109.jpg
色味といい、形状といい、
良いアクセントとなってくれそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
火の見
小菱重工さん、こんにちは。

おぉ~ 自治会消防ポンプ庫にお似合いの火の見になりましたね。
金属製の部品を集合させて、実感的な火の見を作製なさる手腕
は流石です、プラ製ではこの質感は出ませんからねぇ~
素晴らしいです。

火の見櫓といえば、近所から櫓が消えて幾星霜・・・
小菱重工さんが作製された火の見を、ずっと簡略化した形のホー
ス掛け状の櫓(梯子)を見掛けた記憶はあるのですが、はて何処
だったか? ・・・
[2013/11/05 12:47] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]


こんばんは、甚六郎さん。

本当に火の見櫓、見なくなりましたね。
高い建物が多くなったから役目を終えたのでしょうが、
寂しい限りです。
そういえば半鐘の音もずいぶん聞いていないなぁ。
[2013/11/16 22:51] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/162-b041da85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)