小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

KATOのC11をC10に
またまた間があいてしまいました。
とりあえずは元気ですが、
公私ともに年末進行の関係で、
例年通り、創作意欲が落ちています。

小菱重工の年末の特徴としては、
レイアウト関係でない作業を始めること。
柄にもなく車両をいぢり出すことが多いのですが、
今年もそのパターンのようです。
先日手に入れたC56の影響大です。
s-RIMG0173.jpg
KATOのASSYで取り寄せた
C11とC56の動力パーツ。
こうしてみるとまるで違うスケールのよう。
s-RIMG0156.jpg
よく知られていることですが、
KATOのC11、スケール的には1/140に近い。
「岡蒸気からひかりまで」の図と比べても、この通り。
完全に一周り…二周り近く大きい。
なにせ初代発売は40年近く前のこと、
小さなモーターがなかった時代ですから。
s-RIMG0155_201312012247505bf.jpg
これを比較的簡単にスケールダウンできればと、
いろいろ試行錯誤してミタイと思います。
なぜこんなことをはじめたかというと、
C11をC10にコンバートする古いキットを
ひょんなことから手に入れまして…。
まずは動力部分の加工から。
参考にさせていただくのはこちら
Nゲージの蒸気機関車に関しては
バイブルのようなサイトです。
でもいきなり本番は怖いので、
休車扱いの旧動力でまずはテストです。
s-RIMG0159_201312012252311de.jpg
シリンダーと第1動輪の間を詰めるために
動力ダイキャストの先端を切除。
s-RIMG0162.jpg
ロッドも詰めて、ハンダで接合。
s-RIMG0165_2013120123061677c.jpg
従台車も取付の穴を前にずらします。
s-RIMG0169_201312012309157d0.jpg
仮組みして、加工前と比べてみるとこの通り。
s-RIMG0167_201312012310589c6.jpg
これでもまだ、
オーバースケールであることには
変わりはないのですが、気は心。
s-RIMG0175.jpg
あとはバランスを崩さないように、
車体をサイズダウンするわけですが、
はたして成功するのか…。
s-RIMG0163_20131201231628eef.jpg
作業机の上が、なんとなく工場っぽい♪

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
凄いですね!!
小菱重工さん、おはようございます。

蒸気機関車の話題が続いていますね。
C11のC10改造、それも縮尺を1/150に近付けるべくの
縮小作戦とは驚きです。

甚六郎には、絶対不可能!! なが鉄では車両工作は鬼門
です~
なんったってプラモの戦車の動力化さえ出来なかった過去
のトラウマが為せる結果ですから・・・

おっと、余計な事は、さて置き m(__)m

C10化の成功を祈りますです!!
[2013/12/02 10:37] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

どうなることやら
甚六郎さん、こんばんは。
なにせ行き当たりぱったりの工作なので、
どうなることか本人にも目処がつきません。

ま、失敗したらしたで、
こんなおバカなことをするんじゃない、という
教訓になれば、と。
[2013/12/03 22:15] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/165-c69cc1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)