小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

武蔵五日市駅セクション
あいかわらず、手が進んでいません。
こんな時には、妄想ばかり広がります。
s-RIMG0239.jpg
これを読み直してみました。
鉄ピクの南武線、青梅線、五日市線の特集。
C56に触発されて、小型蒸気をいじってますが、
お立ち台に今のレイアウトが使えるかな、と。
s-RIMG0241_20131214215036d3e.jpg
(五日市郷土資料館所蔵)
この写真、どこだかわかりますか?
どこか地方のローカル線だろうって?
いえいえ、実は東京都下、
昭和30年代の武蔵五日市市駅です。
五日市線は昭和36年に電化されるまで、
蒸気機関車が牽引する客車列車が走っていて、
五日市駅構内には五日市機関庫がありました。
駅構内の奥の方、機関庫が写っています。
s-RIMG0242.jpg
(五日市郷土資料館所蔵)
機関庫周辺を写した写真です。
規模からしても、模型化しやすいサイズ、
さらには小ぶりな機関庫や、給水塔など、
まさに「食指が動く」というやつです。
実際、朝夕ラッシュ時には立川まで
蒸気牽引列車が直通運転していたといいますから、
立川駅セクションに繋げることができます。

電車区として、青梅駅セクションの制作を
考えていることは以前書きました。
それに加えて、
武蔵五日市セクションが実現すれば、
蒸気機関車と客車が運用できることになります。
つまり、
ターミナルと基地の街としての立川駅セクション、
基地引き込み線としての東中神駅セクション、
電車区と旧街道町としての青梅駅セクション、
そして、SL機関庫のある武蔵五日市駅セクション。
あれ?国立駅セクションってのもあったっけ?

ここで五日市機関区について、
資料を調べた結果を忘備録的にまとめておきます。
昭和35年、五日市機関庫には
8両の機関車が所属していました。

C10 6,7
C11 8,205,276,290,320,322

また国鉄客車配置表昭和33年版によると
s-RIMG0240_201312142203356f1.jpg
配置されていた客車(東ムイ)は

オハ61 108、329、921、922、923
オハフ61 777、778、779
オハニ61 151、152

さらには、上に掲載した写真にも写っていますが、
機械式気動車も配属されていました。

キハ04 13、15、21

う~む、なんと魅力的ではありませんか。
旧国編成、デッキ付電機が曳く貨物列車に加えて、
SL列車に、ディーゼルカーまで走らせることができる。

立川セクションがひとつも完成していないうちから
なんなんですが、
新線延伸への期待が否応もなく高まります。
ただ、立川~東中神から急に武蔵五日市では
あまりに突飛ですから、分岐セクションとして
拝島も…あれ?
完全に泥沼化してきたぞ…。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
夢は大きく!!
小菱重工さん、こんばんは。

実車には、全く疎い甚六郎で申し訳ないのですが五日市線も名称
しか知りませんでした。
しかし、昭和36年の電化迄、蒸気機関車牽引の客車列車が走っ
ていたのですね。
五日市機関庫にはC10とC11が配備され、旧客もオハ61等
将来武蔵五日市セクションが実現されますと、小菱重工ワールド
も益々充実しますね d(^^)
夢は大きく!! ぜひ実現に向けて頑張!! でございます (^^)b
[2013/12/16 17:53] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

ビックマウス
甚六郎さん、こんばんは。

古くからお付き合いいただいている甚六郎さんには、
小菱重工の大風呂敷を何度も聞かされているので、
またか、と、思われたのではないかと。
お恥ずかしい限りです。

まぁ、どこまで実現できるかは
自分自身自信が全くありませんが、
ビックマウスと言われないように
頑張りマウス…。
[2013/12/21 23:56] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/166-cc2e4712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)