小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カプラーの検討~KATO新製品編
年末のお休みに入りました。
今年はお休みが長いので、ちょっと嬉しい。
大掃除も今日迄に
窓拭き、障子貼り、庭木剪定など
大仕事は終わりました。
あとは部屋の片付けとか、
年末の買い出しとかが残ってます。

さすがにまだ、仕事が残っている状況で
おおっぴらに遊ぶことはできませんから、
ちょこちょこ作業でごまかします。

いままでは当鉄道の機関車、
実感的であるかどうかを判断基準に、
KATOカプラーとナックルカプラーを
標準仕様としてきました。
しかしながら武蔵五日市駅セクションにしても、
東中神駅セクションにしても、
機関車の連結・解放がある意味醍醐味。
レイアウト上で自動でそれができれば、
楽しいことは間違いありません。
s-RIMG0261.jpg
自動解放できるということであれば、
昔ながらのマグネ・マティックカプラー、
前はKDカプラーといいましたか、があります。
ところがKATO、正確にはホビーセンターカトーから、
ナックルカプラーの高機能版として
マグネティックナックルカプラーというものが
発売されています。
最近発売されたナックルカプラー仕様の機関車ならば、
ほぼ無加工で取り付けることができます。
s-RIMG0262_20131228224608f13.jpg
たとえばDD13初期型。
s-RIMG0263_201312282248256d6.jpg
形状もリアルですね。
s-RIMG0264_20131228225010f49.jpg
自動連結は問題なし。
s-RIMG0266_20131228225140f91.jpg
アンカプラー線路上で一旦停止後、
機関車を動かせばこの通り。
基地引き込み線で活躍させることができそうです。

s-RIMG0267_201312282255113c3.jpg
次にKATOのED16。
基本的には石灰石列車を曳いてもらいますが、
ここでは米タンでテストします。
s-RIMG0269_2013122822563902b.jpg
連結、
s-RIMG0270_20131228225724e07.jpg
解放。
連結感覚も狭くて、良い感じです。

s-RIMG0273.jpg
本線上で米タン牽引予定のKATOのEF15。
リニューアル版の方です。
s-RIMG0274.jpg
ストロボのせいで、ハレーション気味。
s-RIMG0278_2013122823070640c.jpg
これも解放、問題なし。

御覧のように新規格の機関車では
全く問題なさそうです。
今回使用したものは
「マグネティックナックルカプラーS短」。
KATOでも旧製品ではどうなのか。
はたまたTOMIXやマイクロの製品にも
付けられるのか。
また、後日検討してみたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
KDカプラー
小菱重工さん、こんばんは。

KDカプラー、古に購入したKATOの機関車に取り付けてあります。
当時は、カプラー取り付け軸を切断して嵌め込んだおぼろげな記憶が
あるのですが、その頃は片側がKD、もう一方がKATOカプラーと
いう機関車や、片方がKATO、もう一方がアーノルトという機関車
で、結局同型機関車が2~3両なんてことになっておりました。
当然、貨車も片側アーノルト、もう一方はKATOと云った車両が2
両必要でしたが d(^^;

アンカプラー線路では、専らアメリカ型貨車の開放を楽しんでいましたが
それも今では遠い記憶です・・・

確か似たようなカプラーが引き出しに眠っていた様な気がします、探して
換装してみようかな、なんて気がして来ましたです (^^)b

そう云えば、TOMIXの機関車は現製品でもアーノルト型カプラーはアン
カプラー線路上で開放出来る仕様なのでしょうかねぇ~??
今度試してみなくては d(^^)
[2013/12/29 19:43] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

機関車交換
こんばんは、甚六郎さん。

さすが甚六郎さん、すでにKDの頃から、
自動解放を採用されていたとは…。

実用上はなんといっても、
アーノルトカプラーが一番なんですよね。
連結ミスも少ないし、連鎖脱線もない。
そういった意味では、TOMIXのMカブラー
最強なんですが…。
さすがに車両がこれだけ精密化してくると、
やっぱり満足できなくなっちゃうんですよね。
[2013/12/30 00:19] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/169-c8a0da00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)