小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

C10、とりあえず完成
長いと思っていた年末年始のお休みも、
終わってしまえばあっけないもの。
明日から日常が戻ります。
s-RIMG0070_20140105215444bc9.jpg
制作していたC10、まだ
いくつか調整するところがあるのですが、
一つの区切りとして完成としたいと思います。
s-RIMG0041_201401052157110d2.jpg
蒸気の塗装、今迄当社の標準工法では、
プライマー→サーフェイサー→艶消黒
としておりました。
ところが、前回錆止色のサーフェイサーを
発見したときに、黒もあることを確認。
てぇことは、サーフェイサー噴けば、
艶消し黒いらない?
s-RIMG0039_201401052202330bc.jpg
で、動力部のウェイトに試し噴き。
お~、いけるじゃん!!ひと手間減らせるぅ♪
ということで、今回からこれを採用。
s-RIMG0045.jpg
で、間を飛ばしていきなり完成。
s-RIMG0052_20140105220823c32.jpg
公式側。
s-RIMG0047_20140105220714291.jpg
非公式側。
やっぱりボイラーが少し太いかな…
s-RIMG0054_201401052211148ba.jpg
キャブ下の配管をもう少し
ゴチャっとさせたかったです。
s-RIMG0056.jpg
キャブ屋根のディテールがいまひとつ。
上から見たところの資料ってないもんですね。
s-RIMG0061_20140105221845a68.jpg
恒例、C11との比較。
s-RIMG0059_20140105221704a00.jpg
切り詰めによる全長短縮、
s-RIMG0066.jpg
腰高解消の効果は、一応あったみたい。
s-RIMG0069_201401052222592e7.jpg
まぁ、そんなこんなで
取敢えずの完成とはしたのですが、
頭書に触れたとおり、実はいくつかの問題が…。
①本当は五日市線にいたのは
 C10 6、C10 7なんですがプレートがない。
②実用機なので、ウェザリングをどうするか。
③先輪が前部連結器基部を擦る。
 カーブを走らせると脱線するかも…。
④さらに前部連結器が首を振らない。
 バック運転のときにカーブを走らせると
 後ろの車両が脱線するかも…。
さらに一目瞭然の不都合が。
s-RIMG0043_20140105223331ca1.jpg
元の車両の点灯機能をそのまま活かしたのですが、
後部ライトは点灯するものの、
s-RIMG0044_201401052235106a0.jpg
前部ライトが点灯しない。
どうやら導光部に問題があるような…。

いずれにしても、時間切れ。
元気とやる気があるときに考えよう。
ちゃんちゃん。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
祝!! C10完成・・・
小菱重工さん、こんばんは。

良いですねぇ~ デフ無しの機関車魅力的です (^^)
開拓時代の米国の機関車が好きですから琴線にピピッと来ます♪

祝!! 完成!!
と行きたいところですが・・・
何やら薄っすらと暗雲がたなびいてもいるご様子・・・
不具合は、元気とやる気で乗り切って下さいませ d(^^)
[2014/01/07 19:43] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

祝?完成
甚六郎さん、こんばんは。

やはり過渡期の機関車だけあって、
どこはかとなく欧米型の香りがしますよね。
米国型がお好みの甚六郎さんにも
好いていただけるスタイルかと。

あまり車両工作ばかりというのもなんですから、
そろそろ一区切りをつけて、
建築作業に戻らなくてはとは思っています。
[2014/01/13 22:37] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/173-8fd9feec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)