小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カプラー取付の検討~マイクロエース旧型電機編
当鉄道の標準カプラとして、自動解放のできる
マグネマティックナックルカプラが採用できるのか、
検討を進めてきました。

当鉄道における一大勢力の
KATO製機関車に装着できること、
そしてなにより入手がしやすいこと。
こうした点から、
かなり採用が有力になりつつあります。

前回入線予定の機関車の検討をしましたが、
KATOのほかには、マイクロエース、
そしてワールド工芸製が候補に挙がっています。

今回はマイクロエースの旧型電気機関車に、
KATOのマグネマティックナックルカプラを
装着できるかをレポートします。
s-RIMG0077_201401182359479c6.jpg
マイクロエースのデッキ付旧型電機のカプラーは、
どれもほぼ同じ装着方法が採られています。
カプラ受けに心棒があり、
カプラはこの心棒を中心として首を振ります。
さらにカプラを後ろから板ばねが抑え、
復元性を持たす構造です。
この心棒はそのまま、
マグネマティックナックルカプラに使えそうです。
s-RIMG0082_201401190007227ab.jpg
まずはOSタイプで試してみます。
カプラ受けの奥が狭くなってますから、
カプラ基部の両サイドをカット。
s-RIMG0084_20140119001020f05.jpg
元のカプラと、サイズを合わせます。
s-RIMG0093_20140119001138f5e.jpg
カプラ受けにはめこんで、車両に取り付けます。
s-RIMG0094_20140119001417d62.jpg
見た目は良い感じです。
s-RIMG0098.jpg
ところが、連結が甘い。
すぐ自然解放してしまいます。
s-RIMG0109_2014011900174019e.jpg
復元ばねの利きが甘くて、
かっちりとかみ合わないみたいです。
s-RIMG0096.jpg
カプラの基部が、
しっかり板ばねに当たっていないのが、
どうやら原因のようです。
s-RIMG0131_20140119002222494.jpg
それではと、こんどは「短タイプ」を試します。
左から、短タイプそのまま、加工したもの、
もとのマイクロのカプラ。
s-RIMG0133_20140119002523146.jpg
今度は板ばねがわずかにしなり、
テンションがかかっているのがわかると思います。
s-RIMG0136.jpg
今回はしっかりかみ合っています。
自然解放もありません。
s-RIMG0134_20140119002821c2f.jpg
それでいて、アンカプラー線路の上にくると、
s-RIMG0135_20140119002932089.jpg
無事に自動解放できました。

冒頭に述べたとおり、
マイクロのデッキ付の電機のカプラ受けは、
共通仕様になっています。
マイクロの電機については
マグネマティックナックルカプラに
換装できる目処が立ちました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
カプラー換装
小菱重工さん、おはようございます。

マグネマティックナックルカプラー取り付け化検討進行中ですね
マイクロエースの旧型電機には、カプラーの根元の形状を
修正すれば、取り付けOKなのですね。

なが鉄では開放レールは取り付けてありませんが、開放用
のバナナ状の金属バーが何故か格好良くて好みで、過去
に取り付けた機関車は勿論そのままで、今後も機会があれ
ば又、KATOの機関車に取り付けてみようかと d(^^)
[2014/01/20 07:08] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

実験と実際
こんばんは、甚六郎さん。

マグネマティックナックルカプラー、
いろいろ実験はしていますが、
あくまで試験線路での作動確認だけなので、
レイアウト上ではどう挙動するか、不安です。

立川駅セクションにアンカプラー線路を設置して、
実際に動かしてみようとは思っているのですが…。
[2014/01/25 22:44] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/175-784dcefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)