小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

街並み再現
こちらが現在の立川駅西セクション。
s-RIMG0160.jpg
立川駅北口から立川銀座にかけてを
昭和30年代の状態で再現しようとしています。

この辺りは戦後、2回の激変期がありました。
一回目が昭和39年、暴走タンク車炎上による大火災。
s-RIMG0157_201402022343135d9.jpg
火災前の住宅地図です。
右下が立川駅、下側は青梅線線路沿いになります。
びっしりと商店が並んでいます。
s-RIMG0155_20140202234500e96.jpg
次の地図は、火災直後のもの。
線路沿いの空白が、焼失した建物になります。
やがてここに第一デパートが建設されることになります。

2回目の激変は駅前再開発です。
モノレールが通り、歩行者デッキが整備されました。

そして今また、第3回目の激変期が訪れました。
第一デパートの閉店跡地、および周辺の再開発が
現在進行中です。
実は2回目の変革期以降も、
少しは昔の面影がありました。
RIMG0418.jpg
これは一昨年撮った画像です。
左側が閉店した第一デパート。
古くからの商店街らしく、木造や
看板建築の商店が並んでいました。
RIMG0431.jpg
昭和30年代の地図にもその名がみえる食堂も。
RIMG0435.jpg
線路際、地下道への途中にはこんな建物もありました。

これらの建物は、再開発のため、
ここ一年ですべてなくなりました。
実はここだけでなく、連鎖的に多くの建物も
壊されていっています。
RIMG0441.jpg
ここは、ちょうど解体途中。
s-RIMG0202 (0)
そしてここも。
RIMG0442.jpg
次に訪れた時にはあったはずの建物がなかった、
一度ならず、そんな経験はありますが、
これだけ多くの建物が一気に消えるのは
少なからず感傷的にならざるを得ません。

言ってみれば、
感傷など何の役にも立たないのですが、
せめてものレクイエムとして、
昔の街並みを再現し、記録する努力を
可能な限り足掻いてみようと思っています。
s-RIMG0154.jpg
古い街並みの写真、住宅地図といった断片から、
再構築するパッチワーク。
s-RIMG0159_201402030024117ac.jpg
プリント裏紙に、過去の街並みが浮かび上がります。
(折角なんだから、もっと良い紙使えよ…自分。)
過去の街並みを基にした、新たな街造り。
よくわからない作業を進めていきます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/178-e7b7347f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)