小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

魚屋さんの店蔵
全体的なバランスを見たいので、
魚屋さんの内装工事を後に回して、
店蔵に手を付けます。

この魚屋さん、いわゆる鮮魚屋さんというより、
総合食料品店に近かったようです。
乾物なども扱っていて、
店蔵は倉庫として使っていたのではないかと。
この店蔵、石積みの結構凝った造りです。
s-RIMG0660_2014060722244167d.jpg
石造りの重厚感を出すために、
1mm厚のスチレンペーパーを壁にします。
石積みを表現するために、
鉄筆で筋彫をしています。
s-RIMG0663_201406072227377dc.jpg
箱に組んで、棒瓦葺き。
素材の色のままだと、折角の立体感が
ほとんどわかりませんな。
s-RIMG0666_20140607223021fba.jpg
ちゃっちゃっと色を塗りました。
石は大谷石だったのかなぁ。
s-RIMG0668.jpg
雨樋その他の小物を付けたら、
取敢えず完成です。
s-RIMG0670.jpg
こちら側で、店と繋がります。
というわけで、一部省略。
s-RIMG0672.jpg
つまり、こうなるわけですね。
RIMG0418.jpg
かっての実際の並び。
s-RIMG0673_20140607224150214.jpg
同じアングルで、パチリ。
ふっふっふ~♪ 思わず顔がにやけてきます。
s-RIMG0674_20140607224604f78.jpg
屋根の重なりが萌えますな…もはや、病気?
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
あんなとこまで
小菱重工さん、こんにちは。
蔵の重厚感バッチリですね。
今頃気づいたのですが、雨樋の集め水器まで再現してたのですね。
病気が治るわけありません。(爆)
[2014/06/08 09:40] URL | 親爺ぃ #tHX44QXM [ 編集 ]

屋根の重なり♪
小菱重工さん、こんばんは。

屋根の重なりに萌え~ 解りますねぇ~♪
先日ほぼ完成した、元ラーメン屋さんの屋根もそうなのです d(^^)
しかし、私が母屋の方の高さを一尺程低く見積もった結果
合わさるべき箇所で合わさらなくなってしまいましたが d(__)

店蔵が良いですねぇ~ 店舗と合わさって昭和初期の匂いが
します。

先日記しました、近所の小さな蔵が、大谷石造りの丁度今回
の店蔵そっくりでした。
残念なことに、あっという間に壊されてしまいましたが・・・
勿体無いなぁ~ と思うのは当事者では無いからかもしれま
せんが、残しておいて欲しかったですわ~
[2014/06/08 21:30] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

不治の病
こんばんは、親爺ぃさん。
あとは塗装でどうなるか、ですね。
ばっちくならないと、良いんですけど…。

集め水器(っていうんですか。名前知りませんでした。)、
いつもは付けないんですが、
通り側に庇が張り出している時だけ、
目立って格好良いので付けてます。
[2014/06/08 22:39] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]

甍の波
こんばんは、甚六郎さん。
いやいや、江ノ電レイアウトのあのラーメン屋さんの
複雑な構造に比べたら、楽な方です。
やっぱり苦労した分、リアリティが増しますから。

川越とか、青梅のように
積極的に町並みを残しているところはむしろ少なく、
どこの都市でも、普通の町屋や商店は
顧みられることもなく壊されていきます。
単純なノスタルジーと片付けられてしまいそうですが、
今の無機質で無秩序な街並みを
後世に残したいかと聞かれると、
きっと多くの人は同意しないのではないかと思います。
うまく残せる方法があれば良いのですけれど。
[2014/06/08 22:51] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/217-eea71453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)