小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

魚屋さんの増築部分
魚屋さん、店の裏側、線路際の方に
増築部分があったようです。
いつ増築されたのかは定かではありませんが、
建築方法が異なっていて、
いかにも「増築しました」感がおもしろいので、
これも再現したいと思います。
s-RIMG0676_2014060822125598f.jpg
店は下見板張り、倉は石造り、
そして増築部分は木造モルタル。
s-RIMG0677_20140608221418286.jpg
典型的な戦後の建築様式。
s-RIMG0678_20140608221633408.jpg
こちら側は店に接合するので、壁はなし。
s-RIMG0680_20140608221728432.jpg
こうなるわけですな。
s-RIMG0683_20140608221836238.jpg
いつもの木工パテ水性アクリル塗料仕上げ。
完全に乾いたら、あとで紙やすり掛けをします。
s-RIMG0685_20140608221934963.jpg
同じ赤屋根でも、こちらは紅色に近い。
少し新しい感じに。
s-RIMG0687_201406082223594fb.jpg
屋根の重なりも増えて、「萌え」度もアップ。
s-RIMG0688_20140608222629316.jpg
線路側からは、こう見える予定。

増築部分、まだ仕上げが残っています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
増築部分
小菱重工さん、おはようございます。

戦前の方が亡くなって、代替わりをしたりすると
今となっては古臭い石積みの倉庫なぞは邪魔
になってしまうのでしょうかねぇ・・・
そのお宅もマンション系の建物にしてしまいま
したから、出入り口前にドンと構えている小さな
倉庫が不要と感じたのかもしれません d(__)

さて、この魚屋さんの無秩序な増築が面白い
ですね♪
増築部分、何となく我が家に似ているような d(^^;
我が家も屋根瓦が赤いので親近感を覚えます。
それにしても、旧家に直角に増築部分をぶつけ
るというのは面白い感覚ですねぇ~
[2014/06/09 05:07] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

木造モルタル造り
こんばんは、甚六郎さん。

ある時期までは、蔵といえば財力の証でしたが、
今となっては「蔵が建つ」とか、「蔵に収める」とか、
死語なのでしょうかねぇ。
蔵の中の、あの独特のひんやりした空気が、
好きなんですけど…。

木造モルタル造りは、昭和中期に大量に作られ、
あまり意匠に凝ることがないから、
どうしても印象が似てきますよね。
GMの住宅キットも、窓がサッシに変わっただけで、
見た目は良く似てますし。
[2014/06/14 22:20] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/218-4a287365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)