小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

線路際の二階家
壽屋の裏側、線路際の二階家を作ります。
729s-001.jpg
下見板張りの木造住宅ですから
恒例の工作用紙でベースを作って、
729s-003.jpg
ウッドシートで、下見板貼り。
729s-005.jpg
箱に組んで、
729s-006.jpg
GMの屋根を接着すれば形になります。
729s-008.jpg
窓は以前カメオで切り出したものを使います。
桟が少し太いですが、気にしない。
729s-009.jpg
戸袋とか、雨樋とか、
まだまだ作業が残っています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
下見板張りの民家
小菱重工さん、こんばんは。

お店から一転、今回は普通の住宅ですね♪

バラック時代の我が家は、下見板張りの平屋でしたが
モルタル塗りの家に建て替えられてから、早半世紀が
過ぎました・・・
手入れを怠っている所為もあり、大地震には瓦の重さ
も加わりペシャンコは必定かと・・・

って、暗~いお話になりましたねぇ~ おまけに冷や汗
で涼しくなりましたです~
桑原桑原 (_人_) あ、雷様ではありませんでしたね d(^^;
[2014/07/31 18:12] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

時代毎に
甚六郎さん、こんばんは。

住宅はこまめに建て替えるものではないので、
古くからの街並みだと、色々な建築様式が散見されて、
なかなか楽しいものです。
とはいえ安全性とか、快適性を考えると
やはり最新の施工方法にはかなわないところで。
下見板張りとか、木の窓枠とか、
風情では嬉しいものの、
実際に住む人の立場になると難しいものです。
[2014/08/02 22:14] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/232-032a4e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)