小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

クハ55導入
急に涼しくなったら、力が抜けたというか、
気が抜けたというか、ちょっと呆けてます。
作業の進みも、ここ1週間以上中断中。
830s-033.jpg
そんなことも言ってはいられないので、
モチベーションを上げるために鉄ピクの2014年4月号の
「JR南武線・青梅線特集」を読み返しています。
830s-034.jpg
で、同線で活躍した車両の写真を見ていたら、
怪しい衝動がむくむくと…。
s-RIMG0358.jpg
前に買った鉄コレの宇部・小野田線40系セット。
s-RIMG0359.jpg
これはクハ55と、
s-RIMG0364.jpg
クモハ41の2両セットです。
青梅線には増結用にクハ55はいましたが、
クモハ41は在籍したことがないようです。
それでもクモハ41は電装解除して
クハ55に化けさせられるから、少し手を加えれば
このセット一つで平妻と半流と、2種類のクハ55が
一度に手に入るというわけ。
830s-003.jpg
早速分解して、配管やパンタ台を削り取り、
830s-008.jpg
穴を埋めて、パテで傷を修復してから、
他の車両からグロベン基部を移植。
830s-012.jpg
スェード調ダークグレーを塗れば、しっかりクハの屋根に。
830s-017.jpg
青梅線仕様では、黄色の警戒色は不要ですから、
ボディも塗りなおします。
830s-021.jpg
こちらが平妻。
830s-018.jpg
青梅線には55005、55006、55022がいました。
実感的にするのと、トミックスの73系と混結可能とするために、
連結器はTNカプラーに換装しておきました。
830s-022.jpg
で、こちらがクモハ41改、クハ55半流。
830s-024.jpg
同じく入線車両は55036、55053、55073なんですが、
53はヘッドライトが屋根に埋め込まれたタイプ、
73はノーシル・ノーヘッダーだったようですから、
今回の車両が該当するのは55036となります。
830s-029.jpg
元が良くできた製品ですから、
少し加工するだけで、そのまま入線させられます。
再塗装で車体標記が消えちゃいましたから、
あとレタリング入れたら完成です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/239-a2cd4ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)