小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

青梅電車区
電車が増えてくると、それを並べることのできる
舞台が欲しくなるのは必然といいますか、
性(さが)といいますか…。
s-RIMG0252.jpg
以前実地調査した青梅駅には、
かって電車区があったことを書きましたが、
s-RIMG0346.jpg
これをモジュールに組み込めれば
数編成を留置できるわけです。

青梅電車区

昭和30年代の構内図を参考にして、作図してみました。
真ん中の空白部がホームとなり、
下側に冒頭画像の駅舎が建つ訳です。
900×450のレイアウトボードを横に2枚繋げれば、
何とか収まるサイズですから、
長さでいえば立川駅セクションとほぼ同じサイズ。
つまり、立川駅セクションと半円カーブレールで結べば、
オーバルのエンドレスになるわけですね。

ホームの有効長はギリギリ20m級5両ですが、
留置編成数は基本4両編成5~6本、
付属2両編成3~4本はいけそうですから十分です。

それとやっぱり駅と電車区だけでなく、
街道沿いの魅力的な街並みも再現したいなぁ。

まだまだ立川駅セクション一つですら完成しないうちに、
風呂敷だけは大きく広がってゆきます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
妄想
小菱重工さ、、こんにちは。
妄想がやがて構想に変わり、レイアウトとして形になって行くのですね。(笑)
[2014/09/27 08:24] URL | 親爺 #mQop/nM. [ 編集 ]

もうそう→もうよそう
親爺ぃさん、こんばんは。
妄想、転じて「もう、よそう」にならないように、
頑張ります…。
[2014/09/28 00:31] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/247-67871bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)