小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

73形、お手軽改造。
もう少し車両工作にお付き合いください。

もう何年前(もしかして十数年?)になりますか、
TOMIXから72・73形が発売されたのには驚きました。
それもハイグレード仕様で。
旧国で、しかも通勤型。かなりニッチな存在。

それでも私も含めてファンが意外と多かったのか、
未だに新商品としての
ローカル線バージョンの展開が進んでいます。
おかげで車種も増えました。
ただ、あまりに実車のバリエーションが多いために、
まだまだ模型化されていないタイプがあります。
927s-029.jpg
そこで今回は、お手軽改造で、
バリエーションを増やしてみたいと思います。
まずは、レベル1。クモハ73全金車。
927s-014.jpg
普通は縁がテーパーになったグロベンを取付けるのですが、
古い型の縁が垂直なものを選びます。
927s-011.jpg
クモハ73 500番代の特定号車とすることができます。
927s-012.jpg
青梅線にいた車両では、クモハ73505が該当します。
次はレベル2。クハ79 300。
923s-034.jpg
画像では、奥の車両です。
片町線バージョンをはじめとして、
ローカルバージョンはいろいろ出ているんですが、
肝心の茶色が見当たらない。
927s-016.jpg
「ないのなら、塗り替えてしまえ、ホトトギス」
以前IPAでの塗料剥がしでえらい目にあったので、
今回は単に重ね塗りしただけですが、
まぁ、なんとかなったようです。
927s-017.jpg
青梅線では、79398がこのタイプでした。
927s-009.jpg
さて最後が、レベル3。
といってもお手軽改造であることには変わりません。
923s-033.jpg
TAVASAのこのパーツを使います。
正面窓枠に貼り付けて、
Hゴム窓枠になった車両を再現します。
1両目はクモハ72原形。
923s-039.jpg
窓2枚がHゴム支持になったバージョンに。
923s-042.jpg
非常に精度の良いパーツなので、
ストレスはほとんどないです。貼り付けるだけ。
927s-021.jpg
問題はHゴムの色刺しかな?
927s-023.jpg
青梅線車両とするためクモハ73229にしています。
続いて、クハ79原形。
927s-003.jpg
正面3枚ともHゴムになった車両。
927s-019.jpg
ヤッパリ色刺しが下手くそです。
927s-020.jpg
同じく79174となりました。
927s-026.jpg
四者四様の面構え。
927s-025.jpg
ちょっとした手間で、製品にはないバージョンが増えました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/248-bd55041f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)