小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

理容店
打ち合わせで久しぶりに立川を訪れました。
1008s-023.jpg
以前の建物が一つも残っていない立川銀座通り南側。
1008s-025.jpg
北側に現在唯一残っている建物が、今作っている建物。
右側は薬局に変わりましたが。

この建物、昭和30年代は理容店。
まずはいろいろ小物を作ります。
平日にも時間を見つけては、
チマチマ工作をやっています。
1008s-008.jpg
トリコロールを印刷して、
1008s-002.jpg
プラ棒に巻き付けます。
1008s-003.jpg
両端に紙帯を巻きつけて、脚を付けて、
1008s-005.jpg
壽屋さんでも使った、100円ショップのビーズを
1008s-006.jpg
先っぽに付ければ、床屋さんのサイン。
ほかにも看板とか。
1008s-036.jpg
店の意匠は窓枠に角材を使って自作。
1008s-038.jpg
こんな感じですかね。
店に組み込むのは、また次回に。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
床屋さんのサイン
小菱重工さん、おはようございます。

立川銀座通り、南北両側で唯一現存する建物が現在制作中の
一軒のみとは寂しい限りですねぇ・・・
まあ、蕨駅前通りでも昭和三十年代の建物が現存しているか?
と巡らして見れば、恐らく無いのでは?!と思います。

理容店の小物、床屋さんのサインが良いですねぇ~ d(^^)
実は、なが鉄でも床屋さんのサインが2本必要なのですが
どう作ったものか思案中なのです・・・
このサインで床屋さんと一目瞭然ですので、省略する訳にも
行かず、はてさてどうしたものか悩みます・・・
[2014/10/10 08:18] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

寂しいかぎり
こんばんは、甚六郎さん、

知っている建物がなくなると、
やっぱり寂しいですよね。
個人的には残ってほしい建物も
なかなか思い通りにはいきません。

床屋さんのポール、
GMの家屋キットにも入っていたような…
ジオコレの床屋さんのも使えるかもです。
[2014/10/11 23:04] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/252-79f87f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)