小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

教会
台風接近中です。
そのせいか、我が家に避難民が。
1013s-012.jpg
ヤモリの赤ちゃんです。
雨風を避けるためか、
ちゃっかり家に入り込んでました。

お休みの残りの二日を使って、
また新しい建物に手を着けちゃいました。
1013s-tlsc.jpg
国立病院の向かいにあったルーテル教会です。
1013s-001.jpg
形が複雑なので、写真と首っ引きで作図します。
1013s-013.jpg
こちらが表通り側、
1013s-015.jpg
で、こちらが裏側。
1013s-018.jpg
色を塗ると重量感が出ます。
教会の構造って、西洋の城郭に通ずるものがあります。
まぁ実際、籠城戦にもよく使われたようですし。
1013s-016.jpg
窓枠はカメオで量産。
1013s-020.jpg
窓枠が入ると、建物らしく。
1013s-022.jpg
屋根は切り出しては充ててで、微調整の繰り返し。
1013s-026.jpg
少しくらいの隙間は、
瞬間接着剤とパテでごまかします。
1013s-024.jpg
写真と同じに見える…かな?
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
ルーテル教会
小菱重工さん、おはようございます。

台風は秩父を通過、先程小山市辺りに居るらしいです。
JR在来線、私鉄、地下鉄は始発から殆どが通常運転
との事ですが、この風で実行出来れば良いのですが…

ヤモリの赤ちゃん、我が家の物置でも本当に久々に
遭遇しました。
死滅してしまったのかと心配していましたので、遭遇
した時は本当に嬉しかったです (^^)

さて、今回は複雑な形状の教会に挑戦なさいましたね
しかし、サクサクと仕上げてしまわれる技量、流石です d(^^)
実物の写真と正にそっくり!! 素晴らしいです。

屋根を塗装後、カメオで切り文字を切り出し張り付けれ
ば完成ですね♪
引き続きの頑張!! でございます。



[2014/10/14 03:22] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]


方眼ボール紙が形になっていくのが面白いし”すごいなぁ”とおもいます。
最初の方は飛び出す絵本の工作みたいに感じました。
[2014/10/14 22:55] URL | Tsu.-Morrow! #- [ 編集 ]


>写真と同じに見える…かな?
2枚目の写真かと思いましたよ。(言い過ぎかい)
建物を紙で作って塗装したあとに反ったりしませんか?
[2014/10/15 17:36] URL | 親爺 #mQop/nM. [ 編集 ]

すっかり秋に
こんばんは、甚六郎さん。
我が家周辺では、幸い台風も大過なかったのですが、
その後一気に秋めいて、上掛け布団をあわてて
引っ張り出しました。

ヤモリ、甚六郎さんのお宅にもおりますか。
目がクリクリしてかわいいですよね。
玄関灯に集まる虫を食べてくれますし、
大事にしたいと思っています。

教会、難儀しましたが何とか形となりました。
結構敷地を必要とするので、
レイアウトも完成に近づく気がします。
[2014/10/16 23:26] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]

飛び出す絵本
Tsu.-Morrow!さま、こんばんは。

なるほど、飛び出す絵本ですね。
まさに平面から立体を起こすわけで、そのものです。
感想をお聞きすると、
途中の過程を見て戴いた甲斐があります。
[2014/10/16 23:31] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


こんばんは、親爺ぃさん。
本当に同じにするには、手前に
アメ車をいっぱい並べないといけませんね。

うちの場合、基本建物はボール紙製なので、
塗装後の反り対策は一応考えます。
壁の面積が広いような場合には、
内張りのための内壁を貼ったり、
壁の内側に補強のための角材を貼ったりします。
[2014/10/16 23:38] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/254-5d1ced39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)