小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

本屋と喫茶店
今度は富士銀行の隣だったお店です。
1021s-029.jpg
一つの建物を二つのお店として使っていたようで、
片方が本屋、もう一方が喫茶店。
1021s-032.jpg
相変わらず、裏側はどうなっていたのかは不明です。
1025s-002.jpg
石造り風の構えの木造モルタル看板建築。
1025s-023.jpg
見えなくなることが分かっていても、
ついつい手を掛けちゃうのは悲しい性。
1025s-025.jpg
看板が一杯。
1025s-026.jpg
やっぱり中は見えないなぁ。
1025s-027.jpg
とにかく、完成です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
やはり速!! です
小菱重工さん、こんばんは。

今回は、本屋さんと喫茶店ですね♪
同時並行作業と伺ってはいても、速!! です。

電飾を施されてはいなくとも、内部迄作られてしまうというのは
きっと、建物作りの「性」となってしまっておられるのでしょうね d(^^)

しかし、毎度毎度、苦も無く内部の小物を制作、配置してしまわれる
センスと観察眼、勿論技量もですが、は凄いですね。
甚六郎には到底真似る事が出来ませんです。
[2014/10/25 23:16] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

もったいない
小菱重工さん、こんにちは。
せっかく作り込んだ内部が見えないなんて、もったいないですね。
電飾やりましょ!
それがダメなら、ガラス戸に内部の様子の画像を貼り付けちゃうとかね。(笑)
[2014/10/26 12:27] URL | 親爺 #mQop/nM. [ 編集 ]

苦はあります。
こんばんは、甚六郎さん。

内装ですが、どうしたらよいかと、
毎回悩みます。
それでも最低限作ってしまうのは、
自分でも不思議です。
自分自身の違和感の解消なんですかね。
[2014/10/26 20:59] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]

MOTTAINAI
親爺ぃさん、こんばんは。
う~ん、確かにもったいないといえば、もったいないのですが。
ただ、電飾は前回の小ノ電で懲りました。
私には電気関係が向かないことを痛感しましたから。
親爺ぃさんが、羨ましい…。
[2014/10/26 21:03] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/259-9851ca6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)