小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

第2次災害復旧部隊派遣
プロ友の親爺ぃさんが
先日国営昭和記念公園をお訪ねになり、
展示している私のレイアウトも御覧いただきまして。
その様子を、こちらのブログ
書いていただいております。

いつもながらの親爺ぃ節に、
笑いを堪えながら読み進めていたところ、
1枚の画像を見るなり
「なんじゃあ~こりゃあ~!!」。
いえいえ、
親爺ぃさんの記事の内容に驚いたのではなく、
親爺ぃさんが撮影した、
私のレイアウトを映した一枚の画像にです。
IMGP8663.jpg
(©親爺ぃさま)
整備工場に機首側を突っ込んで
エンジン整備中だったはずのグローブマスターが、
反転しているではないですか!!
(決して怪鳥が
トイレで用を足してるところではないのです。)
1122s-003.jpg
ということで、仕事を早々におっぽり出しまして、
行って参りました、立川へ。
1122s-004.jpg
あぁ~やっぱり…。
ラドンが襲来したようです。
機首が入るように配置してあるところに
無理矢理水平尾翼を突っ込んだものですから、
1122s-006.jpg
整備工場の中は惨憺たることに…。
1122s-005.jpg
おまけにグローブマスターの主脚は破損して、
タイヤは1個、どこかにいっちゃってるし、
1122s-015.jpg
アンテナ支柱は折れて、空中線は切られてるし。
1122s-012.jpg
持参した工具でなんとかタラップは復旧させて、
1122s-014.jpg
既定の位置に配置しなおします。
1122s-016.jpg
タイヤ1個は諦めて、空中線を貼りなおして、
1122s-018.jpg
本来の位置に配置しなおします。
1122s-021.jpg
「お手を触れないでください」マークがむなしい…。
1122s-008.jpg
駅前もゴジラが蹂躙したらしく、
バスとハイヤーが被害を受けていました。
1122s-009.jpg
はい、こちらも修理完了。
1122s-010.jpg
とはいえ、上から押しつぶされた
ルーフキャリアまでは直せなかったのですけれど。
1122s-025.jpg
このほかにもあきらかに前回の位置から
暴走したうえ、脱線している電車を復旧したりしまして。
こうして閉館後の薄寒いホールでの
復旧作業には30分余りを費やしたのであります。
1122s-022.jpg
現在までの被害状況を総合すると、
主として電車、自動車、そして今回の飛行機と、
「手に持って動かしたくなる衝動に駆られる」ものに
被害が集中しております。
明らかに、ミニゴジラ、ミニラドンが
出現しているものと考えられます。
公園という場所柄、
止むを得ないことではあるのですが…。

う~む、展示終了までにあと何回、
メンテナンスが必要になるのかしらん…。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
管理はどうなっているのか?!
小菱重工さん、こんばんは。

いやいや、これは大打撃ですね!!
展示の為に小菱重工さんの大事なレイアウトを預かっていると云う観念が
完全に欠落してしまっていますね、あきらかに主催者側の怠慢と言って良
いと思います。

あのベルトだけの仕切りではミニゴジラとミニラドンの格好の餌(失礼!!)に
なってしまいますよねぇ・・・

閉館後の冷え冷えとしたホールの中で修理をしていらっしゃる小菱重工さん
のお姿を思い浮かべるに連れ、規則を守らずにミニゴジラやミニラドンの暴
挙を止められない親怪獣の方に多大の怒りを覚えます!!



[2014/11/23 02:10] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

展示のむずかしさ
小菱重工さん、こんにちは。
甚六郎さんのお怒りもごもっともです。
あの囲いでは、子供の肩を持つわけではないですが、触るなっていうのが無理です。
かといって、アクリルケースで覆うとかしたら、ケースを叩く子供がいるのでしょうね。
囲いをもっと離したら、真近で見る醍醐味が無くなってしましますよね。
管理側にしても傍に1人ガードマンを立たせておくわけにはいかないし、難しい所です。
グローブマスターが尻もち着いて格納庫に入っていなければあのストーリーも思いつかなかったわけですし。(意味が違うだろう)

[2014/11/23 09:28] URL | 親爺 #mQop/nM. [ 編集 ]

ありがとうございます。
こんばんは、甚六郎さん。
援護射撃、ありがとうございます。

ただ、親爺ぃさんもおっしゃられているとおり、
なかなか根本的な解決は難しいようです。
とりあえず、ベルトの下にもう一段、
紐を張ってもらって、ベルトを潜り難くはしてもらいました。

どれだけ効果があるかは疑問ですが。
[2014/11/24 23:26] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]

難しいですね。
こんばんは、親爺ぃさん。

そうなんですよね。
JAMAとか、鉄道模型系のイベントならば
そもそも小さな子供は来ないでしょうし、
参加者も心得があるでしょうけれど。

無料公開、公共施設、そして長丁場と、
普通ではそうそう経験しえない状況に、
どう対応したら良いか、正直に言って困惑しきりです。
[2014/11/24 23:34] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/274-75b7efff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)