小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

紙上の都市計画
立川駅西側セクションが
なんとか埋まる目処が立ちましたので、
それに続くランウェイ01エンドセクションの
未完部をどうしていくか考えています。
写真集や地図と首っ引きで、無い知恵を絞っています。
1105s-001.jpg
立川駅セクションの銀座通りに続く商店街、
「西銀座通り」の建物についてです。
1124s-003.jpg
この辺りの写真はあまり見つからず、
立川駅西踏切に通じる交差点から
西側を向いてとったもの、
1124s-002.jpg
その少し先からとったもの、
1124s-001.jpg
ほぼ同じ場所から駅に向いて撮ったもの、
ぐらいしかありません。
(いずれの写真も立川市郷土資料館蔵)

一方当時の建物と思われるもので、
現存するものはほとんどありません。
RIMG0453.jpg
唯一この建物あたりは昭和40年以前っぽい?
また暫く前に取り壊されてしまった、
RIMG0441_2014112422490854b.jpg
こちらとか、
RIMG0442_20141124225004c73.jpg
こちらは、建築様式から考えて
昭和30年代以前でしょう。

これらの建物の位置関係を地図と照合します。
1124s-006.jpg
そして、なんとか模型化できそうなのものを選びます。
1124s-004.jpg
立川駅セクションの文具店に連なるのは、
洋品店、陶器店、茶店、不動産屋、電気店、薬局。
同じく雑貨屋に並ぶ青梅線を背にした一角は、
薬局、食料品店、楽器店、時計店。
バランスも考えながらですから、
必ずしもこの通りなるとは限りませんが、
大筋こんな感じで、建築を進めたいと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
紙上から3Dへ
小菱重工さん、こんばんは。

ん~ 実景写真が少ないというのは痛いですねぇ ・・・
それに、当時の建物で現存する物が無いというのも。

しかし、立川セクションの文具店に連なる建物の選択
も大筋決定なされた由、祝着に存じます。
引き続きの頑張!! でございます (^^)b
[2014/11/27 22:32] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

いつものこと
こんばんは、甚六郎さん。

資料がないのはいつものことですが、
もともと正確な再現模型を目指しているわけではないので、
お得意の「良い加減」(「いい加減」ではないのよ)で
乗り切りたいと思っております。
[2014/11/28 23:33] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/275-03e19034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)