小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

跨線橋をつくる~其の伍
もたもたしてるうちに、6月ももう半ば。
ヤル気は山の彼方の空遠く…。

でも、少しずつは進んでるんですよ。一応。
0613s-005.jpg
駅名票だの、案内表示だのを作って、
0613s-013.jpg
取り付けたら、ウェザリング。
0613s-010.jpg
クタビレ具合が、敗戦直後風。
0613s-011.jpg
青梅線ホーム側には階段前に
少しだけ屋根の延長があったようなので、
0613s-006.jpg
骨組みを組んで、
0613s-008.jpg
お寺の鐘つき堂か、神社の手水舎のようですが、
0613s-016.jpg
こうくっつきます。

この建物でもう少し、ひっぱります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
かなり
こんにちわです。

かなり汚れましたね。
単体だとかなりくたびれて見えるのでしょうが、周りの建物などがあると、ビシッとくるんでしょうね(^^)/
延長の屋根も良い味出てます。
[2015/06/14 11:45] URL | がおう☆ #SFo5/nok [ 編集 ]

クタビレモード
がおう☆さん、こんばんは。

くたびれたものが並んでもくたびれたままなんですが、
統一感から馴染んではくれます。
当時だって新築の建物もあって、
練りたてのまま置いても良いはずなんですが、
どうしてもジオラマの中では浮いてしまうんですよね。
[2015/06/15 22:57] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/304-973371f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)