小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

立飛の給水塔
お盆も、終戦の日も過ぎて、
夏もいよいよ終盤へ。
それにしても、今年は暑いですねぇ。

さて、諸般の事情で、一旦立川駅から離れて、
急遽、とある建物の製作を始めました。
0816s-069.jpg
「立飛」、かっての立川飛行機の給水塔です。
立川飛行機は、第2次世界大戦中、
「赤トンボ」の通称で知られる九五式一型練習機や、
数年前にほぼ原形のまま十和田湖から引き揚げられた
一式双発高等練習機などを開発・生産した
航空機メーカーです。
0816s-071.jpg
戦後はプリンス自動車として自動車の製造や、
細々と航空機開発や、整備を行ってきましたが、
現在では広大な敷地を利用しての不動産業が主力です。
当時の建物が、多摩モノレール立飛駅の近くに
現在も残っています。
これを製作します。
0816s-IMG_3456.jpg
上方向にテーパーの掛かった円柱という、
造形的には大変難しいデザインに四苦八苦。
0816s-IMG_3457.jpg
何回かの試行錯誤の後に、
なんとかそれらしいものが。
0816s-IMG_3454.jpg
久し振りにサークルカッターが大活躍。
0816s-IMG_3458.jpg
ピサの斜塔、いやバベルの塔かな…
0816s-IMG_3459.jpg
スチレンペーパーの帯材を貼り込んで、
支柱の表現に。
0816s-IMG_3461.jpg
庇と踊り場も取り付けたら、
0816s-IMG_3463.jpg
アクリル絵の具溶き木工パテで隙間を埋めて、
乾いたら紙やすりでガシガシ。
0816s-IMG_3464.jpg
窓枠とドアを入れてほぼ形に。
0816s-IMG_3470.jpg
艦船模型のエッチングパーツやら、なんやらで、
屋上に上がる梯子と踊り場の手すりを整備。
0816s-IMG_3472.jpg
なんとか、それらしくはなりました。
0816s-IMG_3468.jpg
あとはウェザリングですね。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
GOOD質感
いい質感が出てます。
数学の勉強をしているようなペーパーカットですね。
[2015/08/17 22:19] URL | Tsu.-Morrow! #- [ 編集 ]

数式より勘
Tsu.-Morrow!さん、こんばんは。

本来ならテーパーの逓減率を求め、
図面を引いて、正確に作るべきなのでしょうが、
学生時代から十八番の
「数式より勘」理論で解を導きました。
やっぱり建築家には向かないなぁ~
[2015/08/22 22:55] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/317-f9f5af7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)