小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

急行アルプス~キハ58系0番代
立川駅を駆け抜けた名列車シリーズ第1弾は
「急行アルプス~キハ55系」編を随分前に
お送りいたしました。
今回はその第2弾をお届けします。
(いつシリーズ化したんだ?!)

急行アルプスは1960年、
キハ55系を使用した急行列車として
新宿~松本間に設定されました。
使用される車両は翌年、
キハ58系へとバトンタッチされます。

キハ58系は
TOMIX、KATO両社から発売されていますが、
登場したての状態、0番代の非冷房車を
モデル化とした製品はありません。
そこでお手軽改造で、デビューしたばかりの
アルプス編成を仕立ててみたいと思います。

まず用意する素材はTOMIXの現行HG版のキハ57。
製品化されているキハ57は冷房化する前の姿。

キハ57は碓氷峠のアプト区間を通過するため、
キハ58の台車をDT31としたものですから、
車体そのものはキハ58 0番代とほぼ変わりません。
したがいまして、台車を交換するだけで、
非冷房キハ58 0番代化することができる、と。
画像は上がキハ57、下がキハ58 400番代です。

こちらは台車の比較。
左がDT31、右がキハ58に使われたDT22です。

そこで、交換部品をお取り寄せ。
新集電台車は車輪付きなのは良いですが、
ちよっとお高い。

台車交換はネジをはずすだけですから、
簡単に行うことが出来ます。

無事キハ58化完了。

とはいえ、1編成分交換するとなると、
ちよっとした作業にはなりますけれど。
車番インレタも転写して、これで完成。

当初は10両以下の編成も、
長編成への対応改良がなされた400番代が配置されると、
利用客の増加と相まって、次第に長くなっていきます。
400番代編も、またそのうちに。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
豪勢な
こんにちわです。

キハ58の初期再現の急行アルプス良いですね~(^^♪
しかしなかなか豪華な改造で・・・(笑)
キハ58と57なら、私は台車まで拘らずに57を走らせちゃいそうです。
もちろん資金不足からの理由が大きいですが(^^)
[2015/10/22 12:39] URL | がおう☆ #- [ 編集 ]

足元を見る
こんばんは、がおう☆さん。

再現したい一心で勢いでやってしまいましたが、
冷静に掛かった金額を考えると冷汗ものです。
これもキハ58初期形を出してくれない
KATOが悪いんだ~!!
(実はこういう策略?)
[2015/10/24 23:50] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/340-2d9402fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)