小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

立飛の見学
先日、特別の許可で、
立川のタウン誌の取材に同行させて戴き、
立飛の敷地内の建物を見学する機会を得ました。
1027s-IMG_4106.jpg
いつもはフェンスの外からしか見れない給水塔も、
近くで見ると迫力が違います。
1027s-IMG_4124.jpg
敷地側からしか見えない部分は、
こうなっていたのか・・・。
1027s-IMG_4116.jpg
給水塔の近くの建物。
危険物庫だったような造り。
1027s-IMG_4134.jpg
こちらは兵舎っぽいかな?
今にもギャリソンキャップを斜にかぶった
大柄なGIが出てきそうな雰囲気。
1027s-IMG_4086.jpg
立飛の本社だった建物。
米軍に接収されていた時も
部隊本部のオフイスとして使われたようです。
1027s-IMG_4070.jpg
その内部。階段も渋いなぁ。
1027s-IMG_4081.jpg
配電機器も英語の表示。
1027s-IMG_4150.jpg
連なる屋根は壮観の一言。
戦前からのものもあるようですから、
このどこかで九五式一型練習機や、
一式双発高等練習機が作られていたのかも。
1027s-IMG_4207.jpg
とある建物の中には、
立飛が戦後国産第1号として製造した
R-53型軽飛行機が復元、保管されています。
1027s-IMG_4227.jpg
これはほぼ間違いなく格納庫。
巨大な鉄扉に圧倒されます。

戦前の立川飛行機時代からの建物や、
米軍基地時代を色濃く残すものまであって、
もう興奮状態。

大量の写真を撮りましたが、
通常は公開していないエリアだそうですから、
原則的に資料用としての許可ということで。

ここではフェンス越しでも見える建物の
ご紹介だけにしておきます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/345-7c6ea419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)