小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

進駐軍輸送団8500型(過去記事転載)
一区切りついたせいで、一寸呆けた状態です。
リハビリも兼ねて、久しぶりにコテを握ることにします。
130633451999216111367_05250001.jpg
上手、下手は置いておいて、
金属製車両キットを組み立てるのは
私にとって、かなり好きな作業の部類になります。
130633467800216111884_05210001.jpg
今回手掛けるのは、こちら。
スタジオ・フィール製のDD12。
同社はガレージキットメーカーとしては老舗。
今のように多くの車両が模型化されていない時代に、
多くのキットを世に出してくれました。
130633474584916323746_05210002.jpg
ご覧のように、ほぼ板キット状態。
金属キットとしても、難易度は高めです。
130633500536316323746_05210003.jpg
最近の金属キットメーカーは、作り易さを考えて
あらかじめボディ曲げ済みが多いのですが、
創成期には板のまんま、いわゆる板キットがほとんどで、
屋根のRは自分で調整、なんてのがザラでした。
一連のシバザキのキット群なんて、懐かしいですね~♪
130633530728316111884_05250003.jpg
曲げ済みで、部品の合いが良いキットなら、
瞬間接着剤で組み立てることも出来ますが、
板キットは基本、半田でカッチリくっつけて、
ヤスリで角のRを出すのが前提…。
130633553191416214344_05250005.jpg
その分、頑丈には組み上がるんですけどね。

さて、動力をどうしよう…。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/41-4152299f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)