小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

博物館明治村訪問
用事があって、関西に行ってきました。
その途中、というか、完全に寄り道なんですが、
ずっと行きたかった明治村を訪れました。
s-IMG_6642.jpg
随分と久しぶりに乗った新幹線。
このまま新大阪まで乗っていけばよいものを、
わざわざ名古屋で途中下車してお見送り。
名鉄に乗り換えて、さらにバスに乗り換えて・・・。
s-IMG_6675.jpg
結構な山の中なんですね~明治村って。
で、本当の目的はこちらの建物とかだったんですが、
どうせなら、鉄分補給。
s-IMG_6768.jpg
「鉄道寮新橋工場」
明治5年にイギリスからすべての材料を輸入して
建てられた車両工場です。
s-IMG_6771.jpg
鉄骨による直線美の協奏曲~♪
最初輸入されたのは1棟だけだったんですが、
のちに国産の材料で増築されました。
優れたものから学んで、瞬く間に我が物とする、
明治の日本人のすごいところですよね。
s-IMG_6773.jpg
特別展示中の名電1号。
名古屋電気鉄道の開業当初に使用された
車両のうちの1両で、札幌市電に譲渡されていましたが
一時里帰り中。
s-IMG_6774.jpg
次にご紹介する京都市電と似ていますが、
よく見ると色々違っていて、おもしろい。
s-IMG_6806.jpg
で、こちらが現役、京都市電。
s-IMG_6800.jpg
電車とあらば、乗ってみなければ!!
1回乗車すれば降りるまで有効とのことで、
ほぼ一往復。
二軸車って、思ったよりは乗り心地が悪くないですが、
ボギー台車に比べると、やっぱり独特の乗り心地。
s-IMG_6807.jpg
ふたたび建物に戻って、「鉄道局新橋工場」。
先程のは「鉄道」で、こっちは「鉄道」。
明治22年建築で国産材料を使っています。
わずか十数年で、
ほぼ同等のものを作れるようになったわけですね。
s-IMG_6809.jpg
で、この建物の中におさめられているのが、
「昭憲皇太后御料車(5号御料車)」と、
「明治天皇御料車(6号御料車)」。

今回、本来は仕事に関連する建物の
取材が主だったわけですが、
思わず鉄分補強もできて大満足。
s-IMG_6821.jpg
明治村を後にした後、各務原に一泊。
さらに寄り道して、名鉄で岐阜まで。
ほぼ初体験の名鉄も、おなか一杯状態。
s-IMG_6993.jpg
岐阜~米原~京都~大阪と、
地道に在来線で移動したあげくに
用事を済ませて、二日目に泊まったのは
こんな山の中。(さぁ、どこでしょう?)
s-IMG_7000.jpg
さすがにこれだけ鉄道に乗れば
ちょっと飽きてきて、帰りは飛行機。
天気はあまり良いとは言えない状態でしたが、
東京湾上空で富士山が少しだけ見えました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/412-185f4ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)