小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

立川駅資料収集
立川基地や、町並みの資料については
以前もご紹介したとおりにそこそこ集まったのですが、
肝心の立川駅に関するものが、
あまり無いことに今更ながら気が付きました。

そこで、中央線の歴史関係を扱っていて、
古い立川駅が載っていそうな本を何冊かお買い上げ。
02140001.jpg
といっても、全て古書ですけれど。

まずは、
「タイムスリップ中央線」
大正出版、2003.7.17発行
02140002.jpg
昭和46年当時の駅構内配線図も載っていて、
駅の模型化のためには最適の資料。
02140003.jpg
立川駅にはテルハがあったんですね。
これも模型にすると、良いアクセントになりそうです。

つぎは、
「中央線 街と駅の120年」
JTBパブリッシング、2009.12.1発行
02140004.jpg
駅というより、街の歴史を踏まえて、
写真で紹介しています。
02140005.jpg
立川駅南口の鮮明な写真があったり、
昭和50年の立川基地の鳥瞰写真があったりして、
なかなか貴重な内容です。

これはちょっと勇み足だった、
「空から各駅停車・中央線」
東京地勢堂、1990.1.20発行
02140006.jpg
今回購入した中では、最も発行が古いので、
「あるいは」と思ったのですが、
駅自体は駅ビルに改装された後のもの。
02140007.jpg
唯一、返還後の基地の跡地の様子が
よくわかる写真がありました。

最後がそのものずばりの
「立川驛百年」
立川駅開設100周年記念イベント実行委員会、平成元年4月8日
02140008.jpg
この手の記念誌、あるいは記念史は
〇史編纂委員会とかがまとめた堅苦しいものが多いのですが、
この本は、市民団体が
市民から原稿を募って作ったもののようです。
02140009.jpg
そのせいもあってか、写真資料は思ったより少なめ。
しかし旧立川駅に、地下道だけでなく、
跨線橋もあったというのは、この本ではじめて知りました。

だいぶ立川駅について、構想が練れては来たのですが、
これらの本で見た「これ」にも心惹かれているのは
ここだけのヒミツです。
02140010.jpg
こうしてまた、大風呂敷は止め処も無く
広がっていくのでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

小ノ電社主さん、おはようございます。

小ノ電社主さんの資料収集に努力を惜しまない姿勢を
見習わなくては、と思いつつも何もしない甚六郎です。
なが鉄は、兎に角やっつけ仕事ですからねぇ・・・
それも、近頃は部屋の片づけを理由に、一向に制作の
気配もありません・・・
こちらも、小ノ電社主さんを見習って何とかしないとい
けませんね d(^^;
[2012/02/16 07:39] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

耐震補強?
こんばんは、甚六郎さん。

わたしを見習うと、資料の山に埋もれることになりかねません。下手すると、自室で遭難します。地震が来たら、生き埋め必至です。
それこそ、甚六郎さんを見習って片付けしないと…。
[2012/02/16 23:56] URL | 小ノ電社主 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/42-57a38d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)