小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

渋谷路はすべて谷の中
連休もさしたる進展はないまま、五月に突入。
所謂ひとつの五月病?

実は年初め頃にひとつの荷物が届いておりました。
s-IMG_7546.jpg
中身はと申しますと、
s-IMG_8000.jpg
モジュールレイアウトボードとその部品。
無謀にもKATO T-TRAKジオラマコンテストに
応募していてたのです。
コンテストの概要はこちら
あらあら、まだ募集中なんですねぇ。

引き籠ってばかりいないで、たまにはお外にでようか
などと、考えてしまったのが事の発端。
s-IMG_8001.jpg
ボード1枚と、線路他この部品一式で6,732円は
ちょっとお高い感じがしますねぇ。
おまけにボードに使われてるベニヤ板は
ささくれがひどいし。
s-IMG_8003.jpg
基本のパターンはこちらになります。
両隣のモジュールと線路を繋ぐために、
このメインラインの位置については
動かすことができません。
とはいえ、これだけの線路配置では面白くない・・・。

こうして悩んだまま、数か月が経ってしまいました。
しかしイベントは8月。
いよいよ名実ともに重い腰を上げざるを得なくなりました。
s-IMG_8005.jpg
悩んだ末にありったけのKATOのユニトラックで
仮組してみたのが、こちら。
「え~。複線三線並べただけじゃん。」
s-IMG_8007.jpg
はい。上から見ると単純ですが、横から見ると結構複雑。
s-IMG_8009.jpg
おまけになぜこの位置にガーター橋?
並んでいる車両から、わかる方にはわかってしまう
かって実在したとある場所がモデルです。

つづく。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/462-167f9792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)