小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

京王帝都3000系一次車を仕上げる
モジュールレイアウトと並行して、
車両の作業も進めています。
s-IMG_8136.jpg
屋根とボディの塗装が終わりました。
竣工入線したばかりの時代にしますから、
もちろん非冷房。
s-IMG_8139.jpg
マスキングテープをガイドにして、
ベンチレータを貼っていきます。
s-IMG_8151.jpg
ん~、ちょっと曲がったかなぁ・・・。
s-IMG_8153.jpg
全面上部の、FRP部分を塗り替えないといけません。
その前に、ガラスの「ワンマン」表示も消さなくちゃ。
s-IMG_8154.jpg
シンナーを含ませた綿棒で根気よく消します。
s-IMG_8157.jpg
側面窓も同じく、窓枠を残すようにして
行先幕やワンマン表示だけ消していきます。
s-IMG_8160.jpg
また、初期車はドアのHゴムが黒色ではなく、
灰白色だったようなので、こちらは上塗り。
s-IMG_8141.jpg
同じく初期車の特徴、台車はパイオニアⅢだったので、
こちらからコンバート。
s-IMG_8144.jpg
もともと黒色成形なのでグレーに塗装します。
s-IMG_8145.jpg
ただ、そのまま塗ってもはがれやすいので、
ミッチャクロンで下塗りしてからスプレーします。
s-IMG_8146.jpg
私鉄らしくなりました。
s-IMG_8148.jpg
パイオニア台車の特徴である
露出したブレークディスクは、銀色に塗ります。
s-IMG_8190.jpg
仮面はベージュ、第2編成としました。
車体を組み上げれば、一応完成です。
s-IMG_8173.jpg
ステンレスボディにプラスチックの全面上部。
当時付けられたあだ名が「ステンプラーカー」。
s-IMG_8167.jpg
二次車と並べてみます。
どちらもまだ車番も行先幕も張ってないのがバレバレ。
s-IMG_8176.jpg
井の頭線渋谷駅のホーム先頭からは、
こんな景色が見られたのでしょうね。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/471-d0d92fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)