小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

たかがガード下、されどガード下
まだガード下でうろうろしてます。
s-IMG_8203.jpg
パテ塗りした後を削ったり、ペーパー掛けして
見た目を整えています。
s-IMG_8206.jpg
モルタル仕上げの自然な感じに近付いたら、
s-IMG_8207.jpg
派手目にウェザリング。
ガード下って雨水が滴り落ちたり、鉄錆が滲んだりして、
結構汚れているイメージがありますので。
s-IMG_8208.jpg
もちろん、路面も汚します。
s-IMG_8205.jpg
パイプと、トラスと、H鋼で、
s-IMG_8210.jpg
こういうものを作って、
s-IMG_8211.jpg
架けます。
s-IMG_8215.jpg
右側には、電線。
s-IMG_8219.jpg
碍子付けた方が良かったかな?
s-IMG_8218.jpg
左側は配管?
s-IMG_8216.jpg
錆々ですな。
s-IMG_8221.jpg
で、こんな感じになりました。
s-IMG_8224.jpg
視点を下げると、おぉぉ~。
いずれは、
上にガード橋が乗っかっちゃうんですけどね。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
あるある~
こんにちわです。

まさに「あるある~」の世界ですね。
今もガードしたって暗くジメジメした感じでしょうが、昭和の頃はもっとおどろおどろしい感じだったと思ってます。
右の電線に、左の配管・・・鉄道とは違う道路を跨ぐパイプ・・・
どれもこれも、うわぁーこれ!という感じです(^^)
この拘りは、覗いた時に溜息出ると思いますよ。
引き続き頑張ってくださいね。
[2017/06/26 11:31] URL | がおう☆ #- [ 編集 ]

おもわずひとこと
おぉぉ~、いいですね~。
[2017/06/26 21:41] URL | Tsu.-Morrow! #- [ 編集 ]

あるある?
がおう☆さん、こんばんは。

資料が少ないことをいいことに、
イメージ先行で製作してます。
本来は地面レベルなものを高架に見立て、
アンダーパスではなく、あくまでガード下らしくするために
色々と考えてはいるのですが、
試行錯誤です。
[2017/07/01 23:52] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]

お久しぶりです。
Tsu.-Morrow! さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

共感していただけて、嬉しいです。
ガード下も結構奥が深いです。
[2017/07/01 23:55] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/473-492fedca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)