小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガード下で会いましょう。
随分と引っ張りましたが、なんとか一区切り。
s-IMG_8281.jpg
というか、そろそろ他の作業をしないと、
本当に間に合わなくなりそうです。
今日でガード下をなんとかします。
s-IMG_8228.jpg
アイコムの出していたガードレール。
今はもう廃版だそうです。
エッチング性の優れモノなんですが、支柱が平面。
s-IMG_8229.jpg
プラ棒に交換します。
s-IMG_8250.jpg
支柱の塗装と同時に、
全体的に色も少し変えておきました。
s-IMG_8252.jpg
路面に設置。
s-IMG_8247.jpg
KATOの道路アクセサリーに入っている
防護桁を加工して、
s-IMG_8249.jpg
ガードの前に設置します。
s-IMG_8251.jpg
歩道が嵩上げされていないタイプのガード下。
s-IMG_8259.jpg
ジオコレの屋台を分解して、
s-IMG_8261.jpg
閉店、保管中の姿にしたら、
s-IMG_8263.jpg
エイジング。
s-IMG_8264.jpg
ついでに、こんなパイプも作りました。
s-IMG_8258.jpg
殺風景だったガードの入り口が、
s-IMG_8271.jpg
「なんということでしょう!」
(何回目のパターン?)
s-IMG_8276.jpg
先程のパイプはここに、
s-IMG_8275.jpg
もう一台の屋台はガード下に、それぞれ収まりました。
s-IMG_8272.jpg
全体的には、こんな感じ。
s-IMG_8280.jpg
橋を架けると、ほとんど見えなくなるのはお約束。
これにてガード下、ひとまず作業終了。
さぁ、次の個所の作業を始めましょう!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/475-db3d1221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)