小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

レイアウト道と云ふは走らせる事と見つけたり
鉄道模型コンテスト、暑い中ですが行ってまいりました。
s-IMG_8617.jpg
見事なまでの夏空ですな。
入道雲までむくむく。
s-IMG_8601.jpg
行きは荷物もないので、
小田急線→埼京線直通りんかい線で目的地へ。
普段仕事帰りで乗ることの多いMSEに
昼間乗るのも新鮮な気分。
s-IMG_8597.jpg
浮かれついでに、ロマンスカーの中で食べたお弁当は、
ちょっと(かなり)奮発。
ちなみに今年は土用の丑の日が2回あるそうです。
s-IMG_8603.jpg
はい、ビッグサイトとうちゃ~く。
ただでさえ、暑い・・・。
s-IMG_8619.jpg
凄い人です。圧倒されます。
鉄道模型系のイベントに初めて参加した身としては、
その熱気にあてられました。

観てきた中で「これは!!」と思ったレイアウトについては、
また次回ご紹介します。
s-IMG_8604.jpg
わがレイアウト上を
元気に列車が走っているのを見て一安心。
一昨日の設置時には試走がなかったので、
ちゃんと走らせられるか、少し不安だったのです。
s-IMG_8605.jpg
こうして列車が走っているのを見ていると、
やはりレイアウトは走らせてナンボということに
改めて気付かされました。
ジオラマは例えて言えば静物画ですが、
レイアウトは映画、みたいな?

あと会場では何人もの方に声をかけていただきました。
「ブログ見てます。」
「これ、どうやって作ったんですか?」
一人で活動している身として、とても嬉しかってです。
こういう交流も、イベントならではですね。

さらにガード下を覗き込んで、
デジカメで撮影をしている方が結構多いのにはびっくり。
う~ん。作者冥利に尽きます。
s-IMG_8631.jpg
熱気にあてられたオジサンは、
そうそうに涼しい喫茶室に退避~。

あっという間の5時の閉会と同時に、
T-TRAK参加者全員で記念撮影してから、撤収開始。
s-IMG_8635.jpg
撤収作業は時間に追われていましたから、
慌ただしくてデジカメもとる暇なし。
そんな中でもお隣さんや、ブログをご覧になっている方から
ご挨拶、お声がけいただきました。
片付け完了とともに早々にお暇戴き、
一昨日に来た時と反対のコース、
羽田空港経由で帰ってまいりました。
s-IMG_8641.jpg
本日の戦果品。アルナインの古典電車。
作り掛けのペーパーモデルとともに
明治村ジオラマを作ろうと思ったのですが、
さぁ、どうなりますか。

初めてのイベント参加、暑くて疲れましたが
とても刺激になりました。
まさに「おじさんの夏休み」でしたね。

そして、お世話になった皆様、
話し掛けていただいた皆様、
本当にありがとうございました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
お疲れ様でした
小菱重工業 様

初めてコメントさせていただきます。
製作・出品ともにお疲れ様でした。

渋谷ガードジのジオラマは初日から話題になってまして「作者の方にお会いしたい・製作のお話しを伺いたい」という方が多くいらっしゃいました。
・・・「小菱重工業」でブログ検索すればヒットしますよと耳打ちしておきましたのでかなりのアクセスがあるのではないでしょうか!?

「ガード下を覗き込んで・・・」二日間で小菱さんのジオラマを撮影されている方のほぼ全ての方がそうされていたような気がします。
^^

因みに私の義父は営団地下鉄 銀座線 渋谷電車区に昭和から平成にかけて20年間配属しておりました。このレイアウトを目にしたらきっと「ニヤリ」としてしまうと思います。

今後とも宜しくお願い致します。



[2017/08/07 00:03] URL | -薫風- #- [ 編集 ]

良かったね。
小菱重工さん、おはようございます。

無事出品に間に合って良かったですね。
拘って作ったガード下を来場者に見てもらい製作者冥利に尽きますね。
おめでとうございます。

さて、こちらも追い込みに掛かりますよ。(笑)
[2017/08/07 05:59] URL | 親爺ぃ #mQop/nM. [ 編集 ]

お披露目
こんにちわです。

コンテスト無事に2日間終了したようですね。
おつかれさまでした。
ガード下は、製作途中から凄い作り込みでしたから、皆さんがそこに注目されるのは必然化と思いますね。
私ももし会場に行けてたら、絶対に覗かせていただいたと思います(笑)
[2017/08/07 10:04] URL | がおう☆ #- [ 編集 ]


-薫風-さま。
コメントありがとうございます。
コンテストお疲れさまでした。

ご親族が渋谷検車区にお勤めだったとのこと、びっくりです。
これもなにかのご縁ですね。

当日はお話しできて、嬉しかったです。
-薫風-さまのような、
品格を感じさせるような作風には近づけませんが、
これからも精進していきたいと思います。
こちらこそ、今後も宜しくお願いいたします。
[2017/08/07 20:57] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


親爺ぃさん、お久しぶりです!!
復活されたのですね!
今後のご活躍、期待しております。

やはり大きなコンテストとあって、
人の多さにはびっくりでした。
折角の機会だというのに、臆してしまって
端っこでキョドキョドしてました。

やっぱりジオラマの醍醐味と一緒で
チラ見、覗き見、隠れ見ですな♪
[2017/08/07 21:04] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


がおう☆さん、こんばんは。
なんとか終わりました。
夏休みの宿題と一緒で、ギリギリにならないと
その気にならないのは子供のころと変わりません。
困ったもんです。

ガード下は一番力を入れたところでもあり、
その思いが伝わっただけでも報われました。
[2017/08/07 21:08] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/08/07 22:20] | # [ 編集 ]

お疲れ様でした。
会場では、とても良い情景を堪能させて頂きました。
この様な正統派の鉄道情景があると、
やはり鉄道模型イベントとしての雰囲気が締まりますね。
ダブルのサイズなので存在感もありましたし。
皆様も注目のガード下、私ものぞき込んで撮影もしたのですが、
身体が安定しないので全てブレブレという残念な事になっていました・・・
でも、記憶の方にはしっかりと刻み込まれましたので!

イベントなどでの作品展示も、機会がありましたらお伺いしてみたいと思います。
[2017/08/08 00:04] URL | 上様R #vovTwzms [ 編集 ]


上様Rさま、はじめまして。
コメントありがとうございます。
身に余るお褒めの言葉、こそばゆいです。
自分では正統派という自覚は全くなく、
むしろ邪道だと常々思っております(汗)。

こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたします。
[2017/08/08 23:08] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/492-761a0f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)