FC2ブログ
小菱重工業
小菱重工は、150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実はいつもひとつ?
大風邪をひいて1週間寝込んでました。
体温が39度を超えたのなんて、何年振りだろう?
やっと熱は下がりましたが、咳が抜けません。
季節の変わり目、皆様もお気を付けください。

寝込んでいる間、さすがに工作は出来ないので、
色々資料を取り寄せたり、読み込んだりしてました。
s-IMG_8734.jpg
東松家住宅に関して記載のある資料、2冊。
日本建築学会東海支部歴史意匠委員会編、
「改訂 東海の明治建築」と、
財団法人博物館明治村、
「明治村建造物移築工事報告書」。
s-IMG_8736.jpg
前者には、建物の由来、立地した地域の状況、
改築歴、特徴などが詳しく記載されています。
s-IMG_8740.jpg
後者は、図面、施工中の写真を大量に収録。
今後の再建作業にもとても役に立つ内容です。
s-IMG_8737.jpg
たとえば、こちらが移築後の東松家住宅。
正面左側の側壁には、
1階から3階まで張り出し便所があります。
水洗でなかった時代、
3階に便所を作ることはまず、ないはず。
s-IMG_8738.jpg
収録されている移築前の写真には、
この張り出し部分がありません。
明治村移築後の増築であることがわかります。
s-IMG_8748.jpg
一方で、新たな謎解きにも挑戦するはめに。
先程の正面反対側から撮った写真ですが、
s-IMG_8750.jpg
よく見ると背後に
ドームのある煉瓦造りの洋風建築が写っている。
この東松家住宅、移築前にはどこに建っていて、
後の洋風建築は一体何なんだろう?
「東海の明治建築」には、
「明治村に移築されるまでは
名古屋市中村区舟入町にあった」
と、記載されています。
s-IMG_8753.jpg
いくつかの文献をあたるうちに、
やっと真実に辿り着きました。
ずばりの答えを教えてくれたのがこの資料。
林 薫一監修、樹林舎発行の
「名古屋今昔写真集 第1集」。
s-IMG_8751.jpg
これですね。
ドーム屋根の形状、レンガ積みのパターン、
間違いありません。
s-IMG_8752.jpg
「東海銀行大船町支店」、旧堀川銀行本店。
手前の板塀、電柱共に
東松家住宅移築前の写真に写っています。
s-IMG_8755.jpg
位置的には、伝馬橋の西側、
道を挟んで北側に東海銀行大船町支店、
南側に東松家住宅が建っていたことがわかりました。

こう書くと簡単に答えを見つけたようですが、
実はここに至るまで、
熱にうなされながら、だいぶかかってます。

でもこの銀行、魅力的だなぁ・・・
作って東松家と並べたら絵になるなぁ・・・
もう少し南側まで伸ばすと納屋橋もあるなぁ・・・
納屋橋の橋詰には加藤商会ビルもあるなぁ・・・
あ、浮気のはじまりのよ・か・ん♡
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/500-200a3d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。