FC2ブログ
小菱重工業
小菱重工は、150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

富井電鉄2000系を京王帝都1000系タイプへ~第一工程
レイアウトのモチベーションが下がると、
車両工作に逃げるのはお決まりのパターン。
で、今回のお題はこちら。
s-IMG_9369.jpg
「富井電鉄2000系」。
架空鉄道の扱いですが、本体そのものは京王2010系。
この車両、ほぼ同じ時期に登場した
井の頭線1000系と全長が50センチ短いだけで、
車体の見た目はほとんど同じ。
s-IMG_9371.jpg
ということで、車体の塗り替えと小工作で、
京王帝都1000系タイプに化けさせます。
まずはIPAで塗装剥がし。
s-IMG_9372.jpg
気持ちよく塗装が剥がれました。
成形色がベージュですから、下地塗りもせず本塗装。
s-IMG_9385.jpg
ここまでは、まぁ、お手軽です。
ところが屋根はそうはいきません。
s-IMG_9375.jpg
グローブベンチレータを除去して、
後パンを前パンにしなくてはいけない。
s-IMG_9381.jpg
暫し考えた末に、
もっとも簡単な方法に落ち着きました。
まず後ろ側を前端の形に合わせて切除。
s-IMG_9382.jpg
切除した部分を今度は前端に接着。
s-IMG_9379.jpg
つまり、前後を替えただけです。
ただ、車体取り付け爪中央2か所の切り取りと、
本体のパンタ穴の逃げ穴の拡大も必要になります。
s-IMG_9386.jpg
屋根はジェイズのスエード調で塗装。
乾燥に時間がかかるので、以後は第弐工程で。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/513-8e0dd952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)