小菱重工業
小菱重工は、150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

赤い迷路
さて、京急500形とはどんな車両だったのでしょうか。

ほぼ戦後の輸送力不足から脱却しつつあった1951年、
京急の経営柱のひとつ、週末の行楽輸送を目的として、
セミクロスシートの500形が製造されました。
その後一部先頭車の中間車化と4両固定編成化を経て、
1968年に車体更新工事が実施されます。
前年新造された700形をプロトタイプとした
軽快なデザインですが、中身は吊り掛け車です。
s-IMG_9606.jpg
ですから、中間車はそのまま台車を替えただけで、
それっぽくなります。
s-s-IMG_9609.jpg
手が掛かるのは先頭車。
500形の顔は湘南顔ですから、
1000形試作車のものを移植します。
s-IMG_9611.jpg
1両目は乗務員扉後端で切り離しましたが、
700形と1000形試作車では車体断面が異なり、
段差が目立ったので、2両目は前端で接合してみました。
s-IMG_9619.jpg
前面と本体を接着したら、やすりをかけて
段差をなくします。
s-IMG_9615.jpg
屋根も前部の形状に追わせてカットします。
s-IMG_9616.jpg
仮ハメしてみたところ。
s-IMG_9624.jpg
形状が変わった屋根前端部の雨樋は、
ランナー引き延ばし線で作り直します。

今週はここまで。
気力が続けば、まだ続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
赤いシリーズ
おはようございます。

百恵さん?並みに赤いシリーズ続いてますね(笑)
この前BSで再放送を見ましたが、大映的大袈裟な展開にニンマリでした。
京急、やはり関東の私鉄では外せない電鉄会社ですね。
改造は手間でしょうが、出来上がりが非常に楽しみです。
鉄コレは、ホントに細やかな車両展開になってきました。
改造ネタには、やりやすいのかも知れませんね(^-^;
[2018/01/15 10:14] URL | がおう☆ #- [ 編集 ]

光夫さん。愛を本当に愛をありがとう。
がおう☆さん、こんばんは。
おっ! 赤いシリーズだとわかっちゃいましたね。
さすがです。
これでもかと追い打ちをかける展開と、
今となってはギャグかと思うようなベタな台詞で、
毎回ドキドキしてみていました。

関東で「赤い電車」といえば、やっぱり京急です。
関西では近鉄かな?
鉄コレも改造ネタに使うには、
ジリジリと値段が上がってきて、
気軽に切った張ったがしにくくなってきました。
[2018/01/15 22:41] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/519-d1d808f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)