FC2ブログ
小菱重工業
小菱重工は、150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京急500形、460形完成
鉄コレお手軽改造で作る京急車両、
500形、460形同時に完成です。
500形
こちらが車体更新時に4扉に改造された500形。
更新第一編成の507編成は台車がTS-806に換装されず、
MCB-R台車のままだったとのこと。
その編成にしました。
s-507.jpg
デハ507号。
s-557.jpg
サハ557号。
s-558.jpg
サハ558号。
s-508.jpg
デハ508号。
鉄コレクオリティを言い訳に、
床下機器はあくまで、「それっぽく」です。
500形、晩年は3両固定編成化され、
空港線で活躍しました。
460形
1965年、600形の車体更新と同時に、
中間車サハ480形の増備を行ったのが460形。
s-484.jpg
デハ463号車。
動力車はTS-806台車に履き替えています。
s-463.jpg
サハ483号車。
奇数車はMCB-R台車。
s-483.jpg
サハ483号車。
偶数車はOK-8系台車とのことですが、
取り敢えず種車のまま。
s-464.jpg
そしてデハ464号車。

「500形、あるいは460形タイプ」というより、
なんちゃって500形、460形というべきものですが、
お手軽に車種を増やすのにはありかな、と。

と、ここで、今更ながら折角増備した京急車両の
お立ち台がないことに気づきました。(伏線見え見え)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/524-baa2c6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。